ふれふり!

2020年から自由を求めてフリーランスになりました。自由って不安でツラいけど、フレフレ!フリー!と自分を励ましながら、なんとかやっていきます。

幼児向けの堅パンはどれくらい食べられるか

f:id:takupan2020:20200714000451j:plain

パッケージは光合成が進んでいる


今日は、堅パンという、お菓子でもパンでもないようなモノなのでお菓子レビューとは別立てで書いてみました。

 

買ったもの

ケイジェイシー 歯がため堅パン プレーン

(エジソンママ ながーくがじがじ食べられる歯がため)

100g/298円

 

購入経緯

ドラッグストアで買い出しをしていたときにレジ横の半額ワゴンで見つけて購入。なので実際は149円で入手しています。
しかし、パンが好きな人はあまたいれど、節操がなさ過ぎて乳児向けの堅パンにまで手を出してしまうような人はそんなに多くはないでしょう。
(なんでこんなものを買ったのか?は後述。)

 

これは何か?

乾パン? 堅パン? カテゴリーはよくわかりません。
裏面の説明には「とっても堅く作った焼き菓子です。」とありますので、パンではなく菓子というカテゴリーなのかもしれません。(表面には堅パンとあるけど)
堅パンそれ自体がカテゴリー的にはお菓子なのか?

見た目はビスケットかクッキーかって感じですね。乾パンじゃない?と言われれば、そうかもしれない。

 

f:id:takupan2020:20200714000719j:plain

7枚1梱包

f:id:takupan2020:20200714000608j:plain

サイズの割に高カロリー?

実食

実際コーヒー飲みながら1個食べてみると・・・堅った。堅っ。まじでかてぇ。その辺のカチカチな煎餅より遙かに堅いです。

じいさんばあさんたちが煎餅替わりに食べたら入れ歯壊れそう。

自分は一応入れ歯差し歯等がないので、思いっきり噛んでみましたが、噛み取るというよりは、「噛むとパキッと割れる」という感じです。

よく、堅いモノが割れる場合は自分が割りたい位置と関係ない位置までピキピキッと亀裂が入って割れてしまうことがありますが、これは微妙な堅さ、素材になっているのか、噛んで割りたい位置でしっかり割れます。
(ただし、歯形に沿った丸いカタチではなく、まっすぐに近い感じで割れる)
だんだん堅さになれてくると、適当なサイズに割りながら噛み進むことができて、いい感じに食べ終わることができました。
これ、結構いいかも・・・。

 

2個目はかじらずにしゃぶっていると・・・表面からだんだん柔らかくなってくるのですが、表面が柔らかくなったからといってその水分が中に浸食してフニャフニャになるといったことはなく、なかなか溶け進みません。
しゃぶって10分たってもこの有様です。

 

f:id:takupan2020:20200714000808j:plain

製品名に恥じぬ堅さ

 


何分とは書いてありませんが、実際ガジガジせずにしゃぶっているだけだと2,3時間は余裕で持つのではないでしょうか。

しかし、人のいるところでいい大人がこれを口から出してしゃぶっていると・・・なんか恥ずかしい。
そして、口の中の唾液が行き場を失ってパンを伝って外に出そうな感じでヤバい。(パン自身にはほとんど水分が浸透しない)


犬のおしゃぶり(骨?)とか禁煙パイポって、どうやってしゃぶってるんだろうか・・・

上の写真で凹んでいるところは自分の歯が当たっていた部分です。歯で抑えていないと落ちてしまいそうになるので、そうなった。

 

そもそも、味はどうなのか?

「独自の原料と製法により開発したものです。」とありますが、原材料は小麦粉、砂糖、加糖練乳、膨張剤の3つだけです。
いや安心して食べられるけどさ、、、この3つの中に含まれてる独自の材料ってなんやねん!? 特注の砂糖とか?

f:id:takupan2020:20200714000949j:plain

製法は独自でもいいけど、原材料も独自なの??

ちなみに、プレーンなのでこれといった味付けはなく、小麦の味。
ちょっと甘過ぎる感じはしますが、変な化学調味料の味などはせず、じゅうぶん食べられます。幼児向けの食材の中では、大人が食べても美味い方かも。
かなり甘いので、無糖の紅茶またはブラックコーヒーが合うかと思います。

 

パッケージや梱包など

7枚入り100g程度で、残念ながら個梱包ではないので日持ちはしないのかもしれません。
アナウンスは裏面の注意事項の文中に「開封後はお早めにお召し上がりください。」と記載があるのみ。どれくらい持つのかわかりません。
まぁこれだけ強く焼かれていればそうそう悪くなることはないと思うのですが、一応口をクリップ留めして保存し、一週間程度で食べきる予定です。

 

幼児用食材のメリットと常用ができない理由

イロモノに走ってこれを選んだわけではなくて、実はときどき幼児用の食材を買っています。

幼児用と言われると成人が食べるものではないと考えるかもしれませんが、完全な思い込み、刷り込みです。
同じ人間の食べているものです。食べられないわけがない。

特に体調が悪いときなどは、何の不安もなく安心して食べられるのがメリットです。
幼児用とされる製品は(食材に限らず)ちょっとでも問題が起きたり疑われると、センシティブになっているお母さん方を敵に回してしまうことになるので、ありとあらゆるリスクを抑えていて、日本で一番安心して食べられるのが幼児用の食材じゃないかと考えています。

 

というわけで、メジャーなもので例えばハイハイン、ビスコ、1才からのかっぱえびせん、といったものを時々買います。

ただちょっと次のような問題もあって、常用は難しいかなという気もしています。

・量があまりに少ない
・味が非常に薄い(今回の堅パンは甘さだけなら十分ある)
・値段が高い

健康に気を遣っている人、原材料が気になる人、ダイエットしている人?はこういうのもローテーションに入れてみてはどうでしょうか?と思います。