ふれふり!

2020年から自由を求めてフリーランスになりました。自由って不安でツラいけど、フレフレ!フリー!と自分を励ましながら、なんとかやっていきます。

クラブオフのVIP会員になってみた その3 (500円の宿に再チャレンジ)

f:id:takupan2020:20210910143824j:plain

UCでやっている3ヶ月VIP無料キャンペーン

企業の福利厚生の外注先の一つ、クラブオフ(UC)が3ヶ月0円キャンペーンをやっていたのでVIP会員になってみました。

 

クラブオフってどんなの?という説明に加え、実際にVIP会員のメニューをあれこれ見ながら、「これVIPのメリットってないんじゃね?」的な内容を書いたのがこれ。

2020free.com

 

で、それだけだとあんまりなので「ちょっとくらいVIP会員のいいところあるんじゃないの?」という感じで商品券の割引販売を中心に書いたのがこれ。

2020free.com

 

その2で書いたとおり、でもまぁ自分の場合はトータルでは活用できそうにないよね、ということで解約する方向で考えているわけですが、辞める前に「その1」で書いた(VIPのウリになっている)500円の宿の獲得にもう一度きちんと挑戦してみることにしました。

 

勤め人辞めたので木曜日11時に全裸待機できる

500円の宿は毎週木曜日(やらない週もある)午前11時にサイト上に特売メニューが表示されて申し込みが可能になります。変な時間帯ですね・・・VIPな人たちにはいい感じの時間帯なんでしょうか。平日なので勤め人には難しそうですが・・・トイレにこもったりして挑戦するのかな?

ゲリラ販売的な扱いになっているので宿の場所や、日程など一切情報がなく、あらかじめ旅行の計画を立てておく、みたいなことはできません。

とりあえずログインしてPCの前で半裸待機することにします(暑い・・・)

 

 

待機してもほぼ即売り切れで入手できなかった

まぁタイトルの通りです。

11時00分にブラウザの再読み込みをしてメニューを表示させたところまではよかったのですが、その後、どの日がいいかな?等と少し考えているあいだにすべての日程が売り切れになってしまいました。その間、約1分弱・・・

f:id:takupan2020:20210918161827j:plain

11時ジャスト。お、500円の宿が空いている(○になっている)じゃあーりませんか!

ちなみに宿そのものは大阪リーガとANA札幌という前回の記事と同じものでした。

定期的なタイムセールなので事前に数ヶ月もしくは年単位で特定の日程、部屋をリザーブしているのだろうと思います。

 

f:id:takupan2020:20210918162310j:plain

右下の時計は11時02分を表示。あっという間に売り切れになって×だらけに・・・

まぁ大手通販サイトの「限定5台タイムセール!」みたいな「画面が固まって全く進みません」みたいなことはなかったので、もしかしたらがんばれば取れるのかもしれません。

がんばる元気のない自分のような人間はお呼びじゃないのですな。。。

 

一応、安めの宿がないわけではないです。

上の画面をもう少し引き延ばすとこんな感じのプラン表示になっていて、サマーセールなどの文言が見えます。これなんか3150円なので安めだと思います。(とはいえ、ツイン2名利用時の1名分の料金なので・・・まぁ、そうだよね、というレベル)

f:id:takupan2020:20210920153759j:plain

1泊3150円なら悪くない?

 

さよならVIP会員

そんなわけで今回も撃沈しました。なかなかうまく活用できない感じです。これにて自分のVIP会員体験記は終わりになります。(娯楽施設などでは割引率が高いものもあるようですが、VIP限定ではないみたいです)

VIP体験の成果としてはジェフグルメカード500円1枚とこども商品券1000円1枚の合計1500円分を700円でゲットできただけでした。

 

あ、そうだ。退会手続きも郵送でやらなきゃならないという面倒な感じなので、それについて書くかもしれません・・・

クラブオフのVIP会員になってみた その2

f:id:takupan2020:20210910143824j:plain

UCでやっている3ヶ月VIP無料キャンペーン

企業の福利厚生の外注先の一つ、クラブオフ(UC)が3ヶ月0円キャンペーンをやっていたのでVIP会員になってみました。

 

クラブオフってどんなの?という説明に加え、実際にVIP会員のメニューをあれこれ見ながら、「これVIPのメリットってないんじゃね?」的な内容を書いたのが前回のこれ。

2020free.com

 

とはいえ、自分のようなビンボー人にも全くメリットがないかというとそうでもないようで、今回はイイところを書いてみたいと思います。(良かった探し的なムリヤリ感はありますが・・・)

 

抽選でコンビニクーポンがもらえるガチャ?

まずVIPだけが参加できる月イチの抽選。

最近はスマホにアプリを入れたら参加できる、といったキャンペーンが増えてきていて面倒なのですが、これはサイト上で普通に抽選応募でき、その場で即結果が出るのでわかりやすくていいですね。(当選した場合は、実際にクーポンを表示させるのにスマホが必要な場合もあるみたいですが)

商品となっているのは主にコンビニのこういう電子クーポン。100円前後の品で、すべての品に対して月に1回抽選参加ができる、というルールです。

f:id:takupan2020:20210912144708j:plain

8月はここに表示されているので全部だった

ただ、8月9月と挑戦してみましたが、下のように全敗でした。(なお9月も同じような品揃え)

VIP会員が何人くらいいるのかわからないけど、少なくとも数十万人はいると思うのでこの当選数じゃ当たらないよなぁ・・・という感じです。1日100名とかなら可能性を感じられますが一ヶ月で100名ではね・・・

 

仮にVIP会員10万人として、そのうち2割がこの抽選に参加しているとすれば2万人です。全部で約500名の当選とすれば当選する率は2.5%ということになります。

 

f:id:takupan2020:20210912144806j:plain

クリックして抽選参加するだけの簡単なお仕事ではあるものの当たらなければ無意味な作業

 

VIP SUPER SALEで商品券を割引購入

続いてこちらは商品券の販売。

f:id:takupan2020:20210912162949j:plain


この販売にいったい何の意味があるのかまったくわかりませんが、とりあえず買っておきました。

なぜなら、ジェフグルメカード1枚500円->200円(手数料等なし)となっていたからです。

f:id:takupan2020:20210912163051j:plain

 

一人1枚となっているのでたいした額ではないのですが、送料や手数料等の負担が一切なしで割引購入できるので損はしないです。


ちなみに上の画像では販売期間が24日15:00~で既に終了マークがついていますが、これは画像をキャプチャしたのが9月に入ってからだったためで、自分が注文した26日時点でまだ買えました。(つまり、先着順とはいっても500円宿泊券のように即売り切れるわけではない、ということです)

そして注文の翌々日には簡易書留で到着しました。早い!

(注文時のメールでは2週間前後でのお届け、ということになっていた)

 

・・・とはいうものの。

これ、簡易書留そのものが手数料300円くらいするうえ、そのほかに郵送料をかけて500円のカード1枚を200円で割引販売する、というのは商売としてはいったい何なんだろう?という感じはするんですよね。ただまぁ、これがVIPの特権みたいなのでしょうがないです。一応これで300円ほど得したことになります。

 

なお、ジェフグルメカード自体は利用期限がないので保存しやすいといえばそうなのですが、外食系の券なので自炊派の人はあまり使い道がありません。お釣りが出る数少ない券なので、カルディなどで少額の買い物をするときに使っています。

 

9月は

こども商品券1枚1000円->500円

になっていました。こちらは3年くらいの使用期限がある券みたいです。使える店が良くわかりませんが、とりあえずオーダーしておきました。(上の写真にあるハーゲンダッツギフト券はスルーしました)

 

この商品券シリーズは無料キャンペーンではなく購入費用がかかるとはいえ明らかにお得なので、VIPの間は定期的にログインして拾っていきたいと思います。(注文時の作業はクリックとセキュリティコードの入力くらいでそんなに手間ではなかった)

 

後日、冊子とクーポンが送られてきた

VIP会員になってしばらくしてから、冊子2冊とクーポンがポスティングされていたので紹介しておきます。

f:id:takupan2020:20210912163332j:plain

冊子の方は・・・なんか紙質もツルツルだし内容も「豊かな生活」みたいな感じのイメージの、リッチ層向けのサービス紹介冊子かな? もちろんフルカラーです。

VIP会員というのは無料のスタンダード会員に飽き足らず自己負担してまで上のサービスを求める人たちでしょうから、こういうリッチ感を求めているのかもしれません。

 

とはいうものの・・・冊子に載っているのはサイトの情報とどこが違うのかよくわかりません。ページ数に限りがあるのでサイトのメニューの一部を(希望する出稿側企業から資金提供を受けて?)切り出して印刷しただけ、みたいな印象です。

f:id:takupan2020:20210912163357j:plain

また、冊子の後ろのほうに付いている紙の切り取りクーポンも同様に、100円引きとか煮卵無料トッピングとか、「正直こんなのわざわざ切り取って、店まで持って行って使う?」みたいな感じのショボい内容になっています。(おまけに新人の店員なんかに当たると「これってなんですか?」みたいなところから始まる・・・)

こういう少額の割引系クーポンって、旅行先の空港や駅のパンフレットについているのと大差ないんですよね・・・(というか、ほとんどが同じ)

f:id:takupan2020:20210912163416j:plain

 

下の写真にある、同封されていた宿泊補助券1000円は結構いいかも・・・と思ったのですが、よく読むと単純な宿の料金に使う場合は対象宿が限られているようです。一方、ツアーであれば全ツアーが対象、という微妙な条件。

ツアーとか行かないし、行くとしても単価が高いでしょうから1000円ぽっち割引されてもなぁ・・・という感じです。(たとえば5万円のツアーなら1000円の割引は2%にしかならない)

f:id:takupan2020:20210912163503j:plain

 

VIP会員とはいったい・・・

以上のような感じで終わりです。

その1で書いたような雑誌の割引なんかはニーズに合えばかなり安いんじゃ?という感じだし、今回の商品券バラマキ販売なんかもずっと続くなら550円の月会費を取り戻すくらいはできるかもしれませんが、入ってて良かった!と感じるようなものでもないんですよね。(当たり前だけど払わなくていい会費を払って、会費を取り戻すためにクリックしていたのでは意味がない)

徹底的に調べたわけではないので、もしかしたらもっと色々活用方法はあるのかもしれませんが、自分は近いうちに退会する方向で考えています。

 

商品券の販売方法も、上の宿泊クーポンも、結構な手間暇コストをかけている割に実際の還元率(額)としてはたかがしれており、かなりムダの多い運営をしているなーという印象を受けます。

ただ、運営会社であるリロ自体は業績もガンガン伸びているので、こういうのも含めて社会のニーズには合っているんだろうなぁと自分の社会一般からのズレを再認識させられるのでした・・・(ただビンボー人なだけ?

クラブオフのVIP会員になってみた その1

f:id:takupan2020:20210910143824j:plain

UCでやっている3ヶ月VIP無料キャンペーン

企業の福利厚生の外注先の一つ、クラブオフ(UC)が3ヶ月0円キャンペーンをやっていたのでVIP会員になってみました。

 

クラブオフとはバラマキ福利厚生的サービス

クラブオフというのは企業の福利厚生的なものを一括して請け負っているリロクラブが運営しているサービスです。当然ですが、サービスは主にネット上のサイトで展開されています。

福利厚生的な、というのは必ずしも企業の社員だけではなく、顧客向けにも提供しているからです。

例えば以前書いた

2020free.com

の中に出てくるNTTイフの契約者5サービスのうち一つがクラブオフへの加入権でした。NTTイフを経由して自動車保険を契約することで、契約期間中はクラブオフのサービスが使えるわけです。

 

他にも金融機関が口座開設者に提供したり、不動産会社が会員向けに提供したり、カード会社がカードホルダー向けに提供したり、上場企業が株主向けに優待の一環として提供したり、いろいろな提供のされ方があり、端的にいって(これまでのところ)その辺にゴロゴロ転がっていてあまり希少性が高いとはいえないサービスになっています。

その分サービス水準も「どこかで見たような割引クーポンが集まっている」みたいな感じで、正直イマイチな印象。

自分の場合は「せっかく加入権をもらったのだから・・・と何度かログインしたことはあるけど実際に使ったことはない」という状態でした。

 

ちなみに自分が知っている具体例を出すと

・ソニー損保が自動車保険の契約者に提供

・DTI(インターネットプロバイダ)が契約者に提供

・ジャパンネット銀行が口座保有者に提供(ただし既に終了してたような)

・アメックスがカード保有者に提供

・HONDACカードがカード保有者に提供

・UCがカード保有者に提供

といったところ。

すべてが無条件ではなくて、たとえばカード保有は一部(例:ゴールド以上とか)の場合もあれば、全員のこともあり、保険などの継続サービスの場合は2年以上継続している場合だけといったふうに条件が入ることもあります。

 

スタンダード会員はあちこちで無料加入ができるけどVIP会員はほぼ有料

ところでクラブオフの会員にはスタンダードとVIPの2種類があります。上記の無料で提供されるクラブオフは、ほぼすべてがスタンダード会員です。

VIP会員にグレードアップするには別途月額550円を支払う必要がありますが、その分VIPなサービスがあるみたいです。ホントかな?

f:id:takupan2020:20210910143448j:plain

 

3ヶ月のお試し期間で無料VIP体験するにはスタンダード会員から

とはいえ正直、どんなサービスが受けられるかわからないし、どれくらい使うかもわからないので(広告を見かけるたびに)気にはなりつつもVIP会員になる機会はなかったのですが、今回UCカードの会員向けに3ヶ月の無料お試しキャンペーンがあったので試しに加入してみることにしました。

 

なお、クラブオフはスタンダード・VIPという会員ランクのほかに、クラブオフ(UC)、クラブオフ(NTTイフ)、クラブオフ(アメックス)みたいな違いもあります。

これは各社ごとにカスタマイズされた違うサービスになっているからで、クラブオフ(UC)のIDではクラブオフ(アメックス)のメニューには入れません。

今回はあくまで「クラブオフ(UC)の無料キャンペーン」なので、他社のクラブオフで同様のキャンペーンをやっているかどうかはわかりません。(ちょっと見た感じでは他ではやってなさそうだった)

f:id:takupan2020:20210910144237j:plain

おそらく費用はUCが負担することになるので、頻繁にはできないキャンペーンかと・・・


なお、上の画像の通りVIP会員になるには「まずスタンダード会員になって、そこからアップグレードする」必要があります。

なので、今回の件はクラブオフ(UC)のスタンダード会員になっている人だけが対象で、会員以外の人が無料だからと3ヶ月のクラブオフVIP(UC)の体験だけをしてみる、ということはできません。

 

VIP会員ならでは、が今ひとつわかりづらい

サイトのトップページからスクロールしていくとこんなふうに、スタンダード会員向けの様々なサービスの中にVIP向けのメニューが埋め込まれている感じの構成になっています。

f:id:takupan2020:20210910151020j:plain

VIPメニューはスタンダードのいろんなボタンの中に混ざっている

 

そんなわけで、正直、標準の画面表示内容はゴチャゴチャしていて「VIPだから特別にどうなるの?」という点がわかりづらいです。

ただ、カテゴリ一覧を表示させることができるので、それをやると下のような感じでなんとなくわかるようになります。

f:id:takupan2020:20210910150610j:plain

カテゴリ一覧から

見たところ、VIPだけのサービスは大きく分けて赤線を引いた3つですね。

・雑誌を(安く)定期購読

・VIPサービス(ラウンジ)

・VIPライフスタイルプラス

 

ちなみに細かい話ですが、例えば宿を取るときにスタンダード会員が100円引きになることろVIP会員だと200円引きになる、といった差別化もされています。(ただこの程度では正直、誤差の範囲内だと思う・・・)

 

雑誌の定期購読は興味がなかったけど、割引率が高くてすごく安いような気はする

雑誌はこんな感じになってます。自分が見たときは2件しかありませんでした。f:id:takupan2020:20210910151500j:plain

 

期限が設定されているのでたまたま今だけなのかもしれませんが、よくよく見るとすごく安い気がします。プレジデントなんて24冊ですから、1冊150円くらいです。メール便で送ってくるにしても、送料くらいにしかならないのでは・・・?

ただ、どっちも興味がない本だったのでとりあえずパス。残念です。

 

VIPラウンジサービスとは?

3つめのライフスタイルプラスというのと何が違うのかよくわからないけど、どうもこのラウンジサービスが単発もので、ライフスタイルというのはサブスク契約、みたいな区分けになっているようです。

で、実際の内容はというと・・・

f:id:takupan2020:20210910155014j:plain

 

またぞろ「メニューの中にメニューがある」みたいなよくわからない構造になっていて辟易してきたのですが・・・とりあえずVIP限定と書いてあるものから一例を出すとこんな感じ。

f:id:takupan2020:20210910155139j:plain

限定サービスの中身はこういう感じ

ニューオータニのやつとかは、普通に一泊する予定だった人は2泊できて割安感はあるのかもしれません。ただ、ホテル指定の連泊予約で最終日無料ってかなり限定的ですよね・・・

正直、これは!というものは見当たりませんでした。。。

 

ライフスタイルプラスとは?

なんかよくわからない消毒水製造装置のセールとか、人間ドック的なヤツの割引とか、いくつかあったのですが上記の通り違いが良くわからないうえ中身がアレなので省略します。

イメージ的にはスゴく利幅が大きいリッチ層向けのサービスを、そこそこ割り引いて売ってる印象?

 

よく広告で見るタイムセール500円宿泊はどうなの?

一度くらいは見たことあるのではないかと思うのですが、クラブオフVIPがウリにしているのがこの1泊500円セール。

興味はありつつも「どうせよくある抽選とか限定とかでしょ? 客寄せパンダでしょ?」と思ってたわけですが、、、まさにその通りでした。

f:id:takupan2020:20210910155948j:plain

この日はANA札幌とリーガ大阪の2宿のみ

応募ルールとしては抽選ではなく時間限定の先着のようです。

元々いくつ枠があったのかわかりませんが、ホテルなのでおのずから部屋数には限界があり、さほど多くはなかったんだろうな、と思われます。8月26日木曜日の開始1時間後には下のような状態で、すでに全枠×になっていました。

f:id:takupan2020:20210910160110j:plain

8月の予約

f:id:takupan2020:20210910160224j:plain

9月の予約

このセールは単発ではなく毎週木曜日ということなので、がんばれば取れたりするんですかね・・・。

 

正直、一泊500円みたいな値段だと「枠だけキープして実際行けなければそのまま支払いをして実際には宿泊しない」という捨て枠的なこともできるのでこのやり方(先着)ってどうなの?という感じがしないでもないです。

長らくこれでやっているみたいなので、目を引く広告づくりのための見せパンみたいなものでどんな風に使われようがお構いナシなんでしょうか・・・

 

今のところコレで550円払う人がいるのか?という感じだけど・・・

そんなわけで、ココまでのところ散々な評価なわけで3ヶ月の無料期間中に退会必至な感じですが、いろいろ見ていくとなんか会費くらいは取り返せそうなメニューもあったので、その辺を続きで書いていこうかと。

その2に続く。。。

えらべるグルメギフトってなに?(自動車の任意保険比較サイトは今どのくらいお得なのか・の追記)


 

f:id:takupan2020:20210824144233j:plain

チューリッヒのキャンペーンで送られてきた契約者特典プレゼント


少し前に自動車保険の比較サイトについて書きましたが、その際にチューリッヒのプレゼント「えらべるグルメギフト」の申し込み期限が迫っていることわかったので手続きをしました。(ケンタッキーなどは期限内にお店で交換し美味しくいただいております)

 

2020free.com

 

 

 

えらべるグルメギフト = ギフトカードモールexchange・・・の仕組み

チューリッヒから届いたのはギフトカードでした。メール等ではなく紙のカードが郵送されてきました。

中身はお店で買い物をするときに使う「JCBのギフトカード」的なもの・・・ではなく、図書カードのような磁気ストライプのカード・・・でもなく、テレホンカードサイズの単なる厚紙でした。

 

f:id:takupan2020:20210824143824j:plain

えらべるグルメギフトはこんな感じで、有効期限すら自分で調べて手書きしろという・・・

 

この厚紙には、裏にカード番号というのが振られています。

そして同じくカードに隠された4桁のPIN番号(パスワード的なもの)と組み合わせることで専用サイトで品物の注文ができ、後日配送されてくるというものです。

f:id:takupan2020:20210824144145j:plain

えらべるグルメギフトは伊藤忠食品の展開するサービスらしい

 

有効期限が半年程度なので、忘れないうちに申し込まないといけません(たぶん世の中全体ではかなりの数の申し込み忘れが発生していると思われ、相当な利益になっているのではないかと・・・うまい商売だなぁ)

困ったことにこの〆切の日付がカード自体にはプリントされておらず、単体でカードを見ても期限内なのかどうかわかりません。非常にわかりづらいです。おそらくコスト削減のためカード製造は一括して大量に行い、実際の利用期限は出荷時点(一ヶ月を1サイクルとか)でシステム上で設定する、というような運用になっているんでしょうね。(と、勝手な想像)

 

我々利用者に対する対応としては、「同封されている書面等」で確認してください、とのこと。

どいういうことかというと・・・こんな感じです。 

f:id:takupan2020:20210824143918j:plain

「2021年03月05日より6ヶ月間」という有効期限が文中に埋め込まれている

 

いったい何と交換できるのか? はログインするまでわからない

 残念ながら同梱のガイドには品物についての記載がなく、期限だけではなくてこのギフト券でいったい何と交換できるのか? も全くわかりません。

まぁとりあえずカード番号とPIN番号でサイトにログインすれば、その時点で申し込みできる商品が表示されるようなので、チェックしてみました。(ネットに接続できない人は詰みますが、今回は保険契約そのものがネット経由なのでそこは問題なし)

 

さて、何が選べるのかな・・・

 

f:id:takupan2020:20210824144719j:plain

よく見ると左上に「カード残高1,500pt」との表示

う、うーん、これで全部か・・・

 

レトルトカレーに決めた!

ログインすると選択肢が10種類しかないうえ、半分くらいがラーメンという偏ったセレクト。(全品在庫ありなので、「選択肢に出てくるのに選べない!」みたいな最悪なことにはなっていない)

うーん、ラーメンに偏りすぎでは?と思うものの・・・まぁ、今ある中から選ばなくてはならないのでしょうがありません。

パッと見て欲しいものもなかったので、いくつか気になったモノの評判をネットで調べつつ、結局のところ「できれば(何でもいいから)日持ちするものがいいなぁ」という考えが強くなり、レトルトカレー3種セットにしました。

 

いくつかの品を調べた感じだとこの1500ポイント、内訳としては品物代は1000円相当、送料が500円程度という感じで、1ポイント1円の合計1500円相当というイメージのようです。

 

ただ、今回注文したレトルトカレーに限っては1個500円くらい?(後述)のものが3個で1500円になります。その代わりというわけではありませんが、配送が宅急便ではなくメール便になっており、なるほど送料を節約してその分モノにかけるコストを多くする、という作戦だな、これがお得だなと。(勝手にそう思ってるだけですが) 

ちなみに上の写真のうち「×着日指定」になっているレトルトカレー2種がメール便で送料を節約しています。

きのこの方にしなかったのはきのこ嫌いだからで他意はありません。

 

8月7日に注文して一週間くらいでポストに届いた

申し込みを完了すると登録したメールアドレス宛に受付した旨、商品発送時には発送した旨メールが届きます。このあたりはしっかりしてます。

f:id:takupan2020:20210826175402j:plain

よく読むとキャンセルはできないものの、注文内容の変更はできるらしい・・・

 

続いて、数日後に発送の連絡がきました。

 

f:id:takupan2020:20210826175511j:plain

発送連絡は発送日の8/12に来た

 

そして予定通りクリックポストでポスティングされていました。

f:id:takupan2020:20210824150707j:plain

 

しかし、、、品物は販売用の紙箱もなくてパウチ丸出しでポイッと入っていたw

まぁ箱は不要なのでいいけど・・・一応食品なので、せめて何かビニール袋に入れるくらいはしてほしかった感じがする・・・まぁその手間にコストをかけて品数が減るよりはいいか。

f:id:takupan2020:20210824150800j:plain

なかなかのむき出し感で、清々しいほどのコスト削減が感じられる

 

中身は3種ともベル食品工業製造のトンソンジャパン販売

紙パッケージがないのでバーコードなど商品を特定する情報がないものの、商品名から判断すると届いたのはコレ。

 

東京丸の内・モナリザ ブイヨン煮込みのフレンチカレー

金沢・プレミナンスのフレンチレストランの欧風カレー

東京乃木坂しん お出汁をきかせたビーフカレー

 

早速、どういうものか調べたところこんな感じのシロモノでした。

 

f:id:takupan2020:20210824145248p:plain

フレンチでカレー? しかし1077円で買う人いるのかな・・・?

f:id:takupan2020:20210824153356j:plain

 

 

f:id:takupan2020:20210824145353j:plain

そしてやっぱりフレンチレストランのカレー こっちも1090円・・・

f:id:takupan2020:20210824153322j:plain

 

 

f:id:takupan2020:20210824145319j:plain

単品が見つからず詰め合わせになってしまったが・・・

これでだいたい正価500円/個程度であると想定・・・

f:id:takupan2020:20210824153139j:plain




製造のベル食品工業はレトルトカレーOEMの大手(最大手?)のようです。

自分もどこかで聞いたことあったのですが、JTの関連会社でありましたね。・・・と思ったら、JTのほうは北海道にある「ベル食品」で、今回のレトルトカレー製造元である大阪の「ベル食品工業」とはまったく関係ないそうです。  

 

f:id:takupan2020:20210824153037j:plain

白パッケージで小売り商品感はゼロ・・・

 

 

忘れないうちに備蓄品と交換しておきましょうという話・・・

上の写真の通り、思ったより賞味期限が長かった(2023.03or07までと1年半以上あった)のがありがたく、早速備蓄品ボックスに直行となりました。

というわけで、これを書いている時点では食べておらずしばらくその予定もないので味のほうはなんとも言えませんという状態で全く商品レビューになっていないのですが、えらべるグルメギフトが何なのか?というのは書けたのでよいかなと。

 

教訓、というかアドバイスができるとすれば、冒頭で書いたとおりカードそのものに期限などが印字されておらず、お手紙とバラしてしまうと期限すらわからなくなってしまうのと、品物のなかには日持ちするレトルト品もあったので、カードをいただいたら忘れないうちに交換しておきましょう、というくらいですかね。

 

あと、これは余計な話ではありますが、結局ネットにID/PINでログインして注文するし、物理的な手段で送ってきたカードやその付帯印刷物にはほとんど何の情報もないしで、ID/PINをメールで送れば無駄な郵送料とか必要なくてよかったのでは?という感じがしました。

高級な便座蓋カバーは100均の3倍くらいは長持ちするだろうか(DCMフタカバー兼用タイプ)

 

f:id:takupan2020:20210821192832j:plain

 

ちょっとお高い便座の蓋カバーを買ったのでメモとして残します。

高いと言っても自分基準で高いだけで世間的には・・・ですが。

 

100均の便座蓋カバーは結構傷みが早かった

便座カバーや便座の蓋カバーはこれまでずっと100均で購入していて、痛んだら交換するというかたちをとっていました。

ただ、100均のなかでも繊維モノはどうも質が・・・みたいなところがあって、洗濯をするとあっという間に縮んでシナシナになってしまいます。衛生用品なので比較的早いサイクルで洗いたいのですが、早く洗えば洗うほど痛みが激しく、無視できないレベルで交換が必要になってきます。

「他に選択肢がないので100均で買わざるを得ないけど、それほどお得感はないんだよね・・・まぁしょうがないか」という感じの、しかたなく定期的に100均で仕入れる消耗品的なものになっていたわけです。

f:id:takupan2020:20210821192957j:plain

2回洗濯をしたらこのチリチリ状態・・・(たぶんキャン○ゥで買ったヤツだと思う)

 

ちなみに上の写真のカバーですが、装着すると次のような状態になります。

f:id:takupan2020:20210821195645j:plain

思いっきり伸ばしてなんとか装着できるレベル

いやー、イメージ的には短い半袖をさらに腕まくりする日向君か、布地の足りないセクシー水着のような有り様で、それぞれハァハァできる人は一定数いるのでしょうが、トイレでハァハァするのもなぁ・・・。

 

在庫処分品の高級?フタカバーを購入

今回たまたま用事があって出かけたホームセンターホーマック(DCM)で、高そうな便座蓋カバーを購入しました。

DCMフタカバー兼用タイプ

というもので、元々千円くらいのものでしたが、在庫処分になって300円くらい。

千円じゃ自分のスコープ外ですが、300円なら100均3回分です。3倍長持ちするのならイイかな?と思って購入してみました。

f:id:takupan2020:20210821193641j:plain

テープのヨゴレが醸し出す圧倒的な売れ残り感

 

 

DCMフタカバー兼用タイプ の取り扱い説明

 

パッケージ台紙に取り扱い説明のようなものがあったので、載せておきます。(自分用メモ)

f:id:takupan2020:20210821193043j:plain

洗濯ネットを使えば洗濯できる

4行目に「最初の数回は・・・」とあることから、少なくとも3回以上は洗濯して使えると期待します。(今回はまだ買ったばかりなので長期の使用レビューはありません)

 

カバーを内側で支えていた段ボールには次のように取り付け説明が印刷されています。

便座蓋の形状によって、吸着部分だけで取り付けるパターンと、ゴムで縛るように取り付けるパターンがあるようです。

f:id:takupan2020:20210821193339j:plain

兼用タイプなので本体は同じで、便座蓋の形状ごとに取り付け方だけが違う

 

 

3分くらいで取り付け作業が終わる

実際に取り付けます。

が、その前に裏面の撮影。

左右の白いベロみたいなやつは再貼り付け可能な粘着タイプで、実際の取り付けの際はシールを剥がして蓋にピタッと張り付くようにします。

f:id:takupan2020:20210821193419j:plain

裏側がフェルトっぽい生地になっているのが少々気になるけど・・・

 

便座の蓋を立てた状態で、上から帽子を被せるような感じでカバーを取り付け、下部分を横ゴムで留めてズレないようにします。

f:id:takupan2020:20210821194343j:plain

真ん中部分の左右がめくれたままの状態なのが気になるが・・・

 

 

仕上がり具合は良い感じ

取り付けたところ,下のようにモコモコ感のあるいい感じになりました。

 

f:id:takupan2020:20210821194749j:plain

なぜN.Y.Cなのか謎・・・

 

まぁそもそも便座ならともかく、その蓋にまでカバーなんて必要なの? そこにどんな機能があるの? という感じもしなくはないのですが、このあたりは趣味によるのでしょうか。。。

 

自動車の任意保険比較サイトは今どのくらいお得なのか

 

自家用車の任意保険についてはいわゆる「通販型」と言われるものの中から、毎年見積もりをとって比較の上で決めているのですが、プロモーションに対する規制が厳しくなり近年はあまりメリットがなくなってきたように思います。

 

とはいえ習慣的に今年もやったので、どのような結果になったか書いておきます。

 

 

使った比較サイトは3つ+1

比較サイトで車の情報や連絡先などを入力して、見積もりを依頼します。

 

今回申し込みをした2021.2時点の主な比較サイトと運営会社は次のとおりです。

 

ズバッと!(bang!)/ウェブクルー

価格.com/カカクコム

インズウェブ/SBIホールディングス

NTTイフ/NTTif

 

ズバッと!とbang!は同じ会社ですね。後述する利用特典が違うこともあるのでどちらか好きな方を利用すれば良いかと思います(同一会社なので両方の利用特典は得られなかったと思う)

NTTイフはちょっと特殊なので後述します。

他にも○○保険などと称するサイトはありますが、見たところ単なるアフィリエイト機能の寄せ集めで、各社の見積を統合して一発比較できるような仕組みではないようです。

 

なお、これらのサイトの注意点としては、下の画像のように見積もり結果に加えアレやこれやの大量のメールが送られてきます。

なので、自動車保険比較サイト専用のメールアドレス、みたいなものを使った方がいいと思います。(ただし、翌年同時期にはそろそろ保険の更新時期です、といった注意喚起メールも来るのでそういうのを送ってもらいたいなら日常的に使っているアドレスでもいいかもしれない)

 

f:id:takupan2020:20210712191924j:plain

受信メールボックス内を「自動車保険」で検索した結果

 ちなみに上の画像ではSBIなどが絨毯爆撃のように同一日時に何通もメールを送ってきていますが、メール内容は同じです。これは2020年、2019年、2018年と毎年の見積データが別のものとして保険会社に登録されているためと思われます。(自分はもう10年ほど、このようなかたちで毎年見積を取っています)

見たところ、3年分の顧客情報を保管してメール営業をして、反応がないものは情報削除していくような運用をしているように見えます。

 

実際に見積を依頼する

依頼すると言ってもサイトに必要事項をポチポチと入力して、メールでの連絡を待つだけです。

今ではサイト上やメールで見積もり結果が即表示されることがほとんどですが、見積額は後日ハガキで・・・みたいな保険会社もありました。(今でもサイト表示に加えてハガキも送ってくる会社が多い)

 

なお、必要事項入力の際は手元に

・免許証

・車検証

・今入っている保険の証書

があった方が良いかと思います。(免許取得の年月日など覚えてないような項目もある)

 

比較サイトの見積もり結果で2.5倍の差があった

今回の見積結果は次のような感じでした。

22,020円のチューリッヒから52,530円の損保ジャパンまで、金額には結構差がありましたが、だいたい2万円台半ばというところですね。(詳細な見積条件は省きますが、車両保険は付帯していません)

f:id:takupan2020:20210712192340j:plain

見積条件によっては対応してくれない(見積を提示してくれない)会社もある

 

ここではメール本文にテキストでベタうちされていたNTTイフのものを例示しましたが、比較サイトによってはリンクが送られてきてサイト上で(多少)グラフィカルに表示されるタイプもあります。

比較サイト自体は保険会社ではないので、仲介をしているだけです。なのでどこの比較サイトで見積もりをしても、同じ条件なら同じ保険会社から違う見積額が帰ってくることはありません。

が、各サイトごとにデフォルトの見積もり条件が異なっていて、デフォルトの変更をせずに申し込んでしまうと違う金額が戻ってくることもあります。

また、比較サイトによっては取り扱っていない保険会社もあって見積が得られないこともあるため、基本的には上記の4つのサイト全てで見積もり依頼を行っておいた方がいいかと思います。(利用特典も別々に得られる)

 

3つの比較サイトの利用特典

比較サイトは利用特典があり、申し込んで実際に見積書が発行されたり契約に至った場合はプレゼントが送付されてきます。

まず、見積書の発行で今回ゲットした商品は次の通りです。

 

・KFCチキン2ピース

・KFCチキン3ピース+サイドメニュー

・ローソンまちカフェSサイズ5個

 

これらは後日、登録したメールアドレスに電子コードが送付されてきて、店頭でバーコード表示させて現物と引き換えます。利用期限は1-2ヶ月程度のようです。(1月末に契約し、2-3月にコードが送付されてきて、利用期限は3-4月末まで、という感じであまり長くはない)

 

f:id:takupan2020:20210712200125p:plain

チキン2個で500円くらい?

f:id:takupan2020:20210712200237p:plain

こっちはサイドメニュー付きでちょっと豪華

900円くらいだったような

f:id:takupan2020:20210712200205p:plain

100円のコーヒー5杯なので500円

 

時期によって商品の種類、数が違うようです。KFCチキンはハーゲンダッツミニカップとの選択式でした。我が家はアイスはたくさんありKFC店舗も行ける距離にあるためチキンを選択しましたが、日持ちを考えるとアイスでもよかったかもしれません。

 

以前は商品のほかにアフィリエイトのキャッシュバックや金券(通販サイトのポイントや図書カードなど)がプレゼントされており実質的に1万円以上が戻ってきていましたが、いまは行政指導?によりこうした換金容易な現金等価物はNGになってしまったため、コモディティ的なモノしかプレゼントされていないようです。

 

NTTイフの契約者特典として、ロードサービスなど5つ

3社で見積もりをして比較したあと、実際に契約をする際にはNTTイフのサイトを経由して行います。というのも、ここだけは下記のようなロードサービスを含む契約者特典が付帯されるからです。(逆にNTTイフのサイトでは上記のような見積書発行による特典はありません。あくまで契約した場合の特典です)

ロードサービスが別料金やオプションになっている保険会社もあり、その場合はオプションを外して保険料を節約し、このNTTイフの無料のロードサービスで代替する、ということができます。

ロードサービスは保険会社各社が個性や実力を出せるところでもあり、得手不得手もあって千差万別なのですがNTTイフのものはオーソドックスなタイプで,金額換算すると500円から1,000円くらいでしょうか。

 

(挙げられている無料サービスが5個あるけど、実用性は・・・)

特典1]Club off plus.

特典2]ホームアシスタンスサービス

特典3]弁護士無料電話相談

特典4]無料ロードサービス

特典5]交通安全お守り進呈

 

チューリッヒ独自の契約記念品として電子ギフト

今回は定期収入がなくなってしまったので節約してみようということで、初めて最安値のチューリッヒと契約しました。

独自の契約記念品としてお土産ギフトが送られてきました(郵送)。とはいえ、たぶん金額換算すると500円相当くらいの価値のもので、あまり期待しないほうがいいかと思います。(存在を忘れていたくらいです)

 

f:id:takupan2020:20210807181827j:plain

なんか来た

ちなみにもっと大事な保険証券は送られてこない(そういう契約だからいいんだけど・・・)

 

比較サイトは役に立つしお得だけど、保険を理解する必要が?

冒頭で「メリットがなくなってきました!」などと書きましたが、各社の価格差を考えるとやはり比較の上で契約をすべきだなぁと思わずにいられません。

物品がショボくなったのは悲しい感じですが、それでも全部合わせると3千円分くらいの価値はありそうで、「保険の比較という必要な作業」をやりつつ多少のアガリがあるというのはありがたいことです。

 

任意保険の仕組みや付帯サービスの選び方についてはちゃんと解説された本などがありますのでここでは触れませんが、自動車を持つなら一度学んでおいた方が良いかと思います。(まぁ余計なお世話ですが)

実際に見積を取ってみるとわかると思いますが、オプションや保険の金額などはこちらで細かく指定することができ(細かさは保険会社によって違う)、それによって保険金額が変わってきます。

用意されたパッケージのサービスすべてが必要なものだ、という人は少ないと思いますので、やはりここでも「自分で調べ、考え、選ぶ」人が経済的なメリットを得られるということになります。

タマネギをベランダに干したが夏だったので2週間くらいでグロッキー状態に

 

たまたま近所のスーパーでタマネギの安売りをしていました。安売り、というかバラ売りのタマネギが大きかったので、結果的に安い!みたいな感じになったのですが・・・

 

3個ゲットして約1.5kg、合計120円で、かなりのコスパ。

などと喜び勇んで買っている人間自体はみみっちくて小ささ丸出しなわけですが、タマネギは間違いなくデカいです。

f:id:takupan2020:20210727202323j:plain

新玉ではないので水分も少なく、かなりのボリューム感がある

 

タマネギは普通に一ヶ月保管できる?

タマネギは比較的日持ちすると言われていますが、湿度と相性が悪いらしく冷蔵庫が使えません。(冷蔵庫内は湿度が高いので、悪くなる)

農家の人はヒモで縛って日陰に吊して保管している、という話を聞いたので似たようなことをやってみました。

ネットの情報だと余裕で一ヶ月程度保管できるとあるのですが、本当でしょうか? 自分の印象だとせいぜい1,2週間なのですが、いつもキッチンで新聞紙にくるんで保管するくらいだったし、ちゃんと気を遣って保管すればイケるのかも?と思ってやってみました。

 

洗濯ネットを使ってベランダの洗濯竿に干した

買ってきたタマネギはアタマがカットされてしまっているためヒモで結ぶのも難しく、通風が良いように洗濯ネットを使ってベランダの洗濯竿に干してみました。

f:id:takupan2020:20210727202412j:plain

すがすがしい快晴

3個のうち1個はすぐ使ったので、残り2個を干し、一週間後にそのうち1個を使用。まったく問題なく使えました。

f:id:takupan2020:20210727203707j:plain

見た目は大丈夫そう

 

2週間後くらいにはすでに黒カビと内部の劣化が・・・

干してから約2週間後に3個目をいただきました。

どん。カットするとこんな感じになってました。

f:id:takupan2020:20210727203732j:plain

根のほうから黒(茶)ずみが進行中

んー? なんか端から中の方へ黒ずみが進んでいてあまりよい結果ではない感じです。腐っている?

 

f:id:takupan2020:20210727203925j:plain

悪くなった部分を除去していくとこんな感じでツブツブの黒カビも散見される

まぁ何をしても元に戻るわけでもないので、駄目なところはカットして捨て、残った部分はガンガンに炒めていただきました。

 

少なくとも一ヶ月は持つだろうという前提だったので、2週間程度でダメになるというのは意外というか残念な結果になりました。

原因は推測でしかありませんが・・・

・我が家のベランダが南側で昼間の気温が高かった

・これを実行した2021年の7月中旬は長雨が続き、24時間常に湿度が高かった

あたりでしょうか。

 

タマネギは冬の野菜なので夏場は悪くなりやすい

その後調べていくと,どうやら

タマネギは湿度だけではなくて気温の影響も受けやすく、そもそも夏場は言うほど日持ちしないから冷蔵庫保管のほうがいいんじゃね?

という話もある、とわかりました。

なるほど・・・

 

手持ちの本で調べてみると、次の通り新聞で包んで冷蔵庫へ、とのことです。適当なことしないで最初から本読んでやればよかった。

次からちゃんとこれをやろう・・・(新聞とってないので、通販の時に梱包材として入っていた紙で代用しよう・・・)

 

f:id:takupan2020:20210729192100j:plain

オレンジページ別冊より