ふれふり!

2020年から自由を求めてフリーランスになりました。自由って不安でツラいけど、フレフレ!フリー!と自分を励ましながら、なんとかやっていきます。

輪心(わこ)/輪心バウム(バームクーヘン)

f:id:takupan2020:20200727191700j:plain

季節柄? フォンダンはやや溶け気味


【メーカー】輪心(わこ)
【品名】輪心バウム(バームクーヘン)
【概略】480g/2100円

 

入手経路

鎌倉に行ったときに自分への土産物として購入。
小分けのものを除いて、ホールで大中小みたいな感じで3サイズありましたが、最大サイズのものを購入しました。

 

パッケージと全体印象

ごっついパッケージです。ここまで立派なパッケージでなくてもいいような・・・という感じですが、バームクーヘンというモノの性格上、贈答品にすることも多いのでしかたないのかもしれません。
(できれば簡易パッケージで100円引き、とかしてくれるとありがたい)

 

f:id:takupan2020:20200727191750j:plain

真白くて美しい厚手の紙を利用し、折りたたむように梱包

f:id:takupan2020:20200727191913j:plain

微妙にアブラっぽさがあるのはこの材料のせいかもしれない

f:id:takupan2020:20200727192017j:plain

思ったよりもボリューム感がある(最大サイズを購入)

 

食感

普通ですね。普通のバームクーヘンです。もちろん、その辺のスーパーで売っているパンだかカステラだかよくわからないようなのとは違ってちゃんとしてはいますが、ねんりんとか治一郎みたいなチェーン店と同じ感じ水準で、出来合としては柔らかめです。

見ての通り本和香糖が使われているため、色合いもそうだし、風味もその色が強く出ているのが特徴です。

f:id:takupan2020:20200727191851j:plain

カットしても全面的に茶色い

シュークリームの時は感じなかったのですが、黒糖のような甘みがあって、量を食べるにはちょっと甘ったるいかなという感じはしました。
砂糖に粉が負けてしまっている感じがします。


焼いてみました。

うーん、焼いた方が美味しいかもしれない。

 

f:id:takupan2020:20200727192122j:plain

薄い領域が焦げ気味で焼き加減が難しい

f:id:takupan2020:20200727192204j:plain

抑え気味に焼いてみても、端がやや焦げ気味


焼いて、アイスクリームとチョコソースをかけてみたところ。

 

f:id:takupan2020:20200727192250j:plain

う、うまい・・・

 

 

 

総評
★★★★☆(4/5)

焼いたりソースかけたりしてみたくなる、ということは本来の味はどうなの?という疑問が生じるところですが、悪いわけではないんですよネ。
量が多くて、飽きてきてしまったというか・・・季節もよくなくて、ちょっと蒸し暑い感じになってきたので冷たいものが食べたくなったり、冷たい飲み物と一緒にいただくことになって暖かいケーキが欲しくなったり。

食感のトコロでも書きましたが、柔らかいということは、層の部分も色はついているものの、食感の変化は少ないということで、自ら表面を焼いて固くして、中の柔らかさとの対比を楽しんでいるのかもしれないです(それじゃパンと同じじゃないかという話もあるがけど。

 

コスパと今後

バームクーヘンなので、グラム単価的なコスパは当然のことながら良くない・・・と思ったら、そうでもないですね。バームクーヘンにしてはかなり良いほうです。
ドイツバウム規格外の混ぜ物がそこそこ入っているので、コストを抑えられているのかもしれません。

自分の知る限り本和香糖を使ったバームクーヘンはここだけだし、黒糖系はうさんくさいのしか見たことなくてレア度はそこそこあるので、次も近くを通ったら買ってしまいそうではあります・・・。

しかし、結構重くて持って帰ってくるの大変なんですよね・・・困ったことに。

 

鎌倉探訪記2020 その2(横浜駅と鎌倉駅と)

2泊で神奈川に来ています。目的地は鎌倉です。

何をしに来たかというと、切通し(鎌倉七口)と言われる昔の道路を見るためです。

 

昔の道路はもう用済み。なので風化するばかり。

「切通し」というのはその昔、山や海に囲まれて地理的な防御能力の高かった鎌倉に物資や人などを運ぶために、山や岩などを細く「切り」、それらが「通」れるよう(外と行き来できるよう)にしたものです。

細い道路であるのは当時の掘削能力の問題もあるかもしれませんが、それ以上に敵が攻めてきたときに一気に軍勢がなだれ込んでくることができず、鎌倉という土地の防御力が落ちない、ということが理由だと言われています。

 

ところで、あたりまえですが現代日本では国盗りなど行われておらず、静岡県知事が怒って鎌倉に攻め入ってくる、といったことはありません(JRには怒ってるみたいですが)。むしろ、お互いに行き来しやすいほうが流通が活性化して、経済的に両者のメリットが高まります。

今では重機やコンクリートなどで比較的自由に道路を作れるようになっているため、当然ながら大量の行き来がしづらいように作ってある「切通し」は用済みでして、新しく便利な道路が作られています。

残念ながら、社会に必要とされていない「切通し」はどんどん風化するばかりです。後述しますが、災害、天災などによって半自然の「切通し」はどんどん痛み、経済に貢献できない以上はその復旧に行政がコストをかけてくれることは(おそらく)ありません。

なのでできるだけ早いうちに行っておきたかった、というのが今回出かけた理由です。(時すでに遅し、という部分もあります)

 

横浜駅と鎌倉駅とを歩く

もろもろの事情があって鎌倉ではなく横浜に宿をとっていたので、9時過ぎくらいに出ました。(鎌倉周辺の宿は、あまり数がありません。2020年前後に結構な新規開業が予定されていましたが、コロナの影響でどうなったのだろうか・・・)

自分は知らない町をプラプラするのも好きなので、横浜や鎌倉も歩きます。

 

 

横浜駅周辺

平日の横浜の朝はこんな感じ。通勤時間帯から少し過ぎたものの、平日だし、まだお店は開いていない時間帯なのでさほど人はいませんでした。
普段通るわけでもないので、コロナの影響で少ないのか、普段からそうなのかはよくわかりません。

 

横浜

平日の横浜駅です。人はそこそこ。

驚いたのはこの駅の売店(キオスク)の長さ。横にこんなに長いんですよ。どんだけ人がいっぱいいるんだろうかって感じです。
(ちなみに自分の最寄り駅はあまりに人が少なかったせいか、数年前に駅の売店自体が閉店してしまいました)

 

 

鎌倉

平日の鎌倉駅です。ホームにはそこそこ人がいます。観光客でしょうかね。


後日、荷物を預けて移動する予定があったためコインロッカーを探しましたが、500円の大きいのばかり。小さいのは400円ですが、コレ一つしかないの?

駅の反対側の観光案内所でも預かってくれるらしいですが、お役所仕事なのか17時で終了?

 

平日のため、駅にも人はあまりいません。ホームにいた人たちはどこに行ったのでしょうか。。。

鶴岡八幡宮のほうへ少し行ってみましたが、やはりあまり人はいません。平日の観光地はこんなものかもしれません。


駅前の喫茶店、銀の錫はまさに鎌倉駅前って感じのプライスで、いいねぇ~。(いつか入ってみたい、とは思っている)

 

徒歩で隣の駅に向かう途中、ケーキ屋グランディールアンサンブルに寄りました。

値段はそこそこするなー、と思われるかもしれませんが、写真のとおりのクオリティなのでしかたありません(というか鎌倉という立地を考えると安いんじゃないかって気すらする)。
地元にあったら月1くらいで通ってそうな感じです。
接客も丁寧で、時間があれば店内でお茶をしたいところでした(コロナの影響で座席は半分に制限されていますが、平日だったため誰もおらず)


シュークリームをいただきつつ、徒歩で隣の駅に向かいました。もう一つ、チョコレートタルトを買うべきか本当に迷いましたが、暑かったこともあって諦め・・・

 

輪心(わこ)/シュークリーム

f:id:takupan2020:20200723150821j:plain

潰れ気味の印象



【メーカー】輪心(わこ)
【品名】シュークリーム
【概略】?kcal/?g/324円

 

入手経路

鎌倉に行ったときに土産物を買うついでに購入。

お店は「鎌倉の大仏」の近くで、近所には土産物屋や飲み食いどころがそこそこありますが、平日だったためかほとんど閉まっていました。
鶴岡八万の前あたりに2店舗目を出したようです(以前OVALEのあったところ?)

旅行先での印象なので数値的なものはなく、多分に印象によるところが多くなりますがご了承ください。

 

f:id:takupan2020:20200723150852j:plain

多少人はいたが・・・

f:id:takupan2020:20200723150918j:plain

お店はなんかやってない

f:id:takupan2020:20200723150935j:plain

ここはずっとやってないようです

f:id:takupan2020:20200723150952j:plain

マリオンも潰れてしまっている

f:id:takupan2020:20200723151012j:plain

鎌倉大仏の周辺もこんな人出具合で、左側の店も閉まってる・・・

f:id:takupan2020:20200723151053j:plain

輪心やっていた。ちなみに店は裏通りにある。

f:id:takupan2020:20200723151129j:plain

店舗拡大中・・・なのか?

 

パッケージと全体印象

すぐいただくのでそのままでいいと話したところ、四角い透明なシートで食べやすく包装してくれました。

f:id:takupan2020:20200723151203j:plain

よさげな色合い

サイズは直径こそシュークリームにしては大きめですが、高さがありません。潰れあんパンみたいな感じでしょうか。
おかげで口には入りやすく、非常に食べやすくはあります。(高さがあると大口を開けても入らない)

 

f:id:takupan2020:20200723151242j:plain

(梅干し昆布は栄養補給に持ち歩いていた)

食感

高さがない理由は午後の遅い時間だったため生地が(クリームの湿気で)ヘタッてしまっていたのかもしれません。
(元からそういうタイプなのかもしれませんが、WEBの写真を見る限りもう少し高さがありそうなので、そんな印象を受けました。)

シュー生地は柔らかいタイプでしたが、ナッツが埋め込まれており、食感に変化があって良いかなと思います。

中身は見ての通り薄い色のオーソドックスなカスタードクリームを使っています。
砂糖に本和香糖(ほんわかとう)というものを利用しているそうで、確かに甘い香りからは甘ったるさよりもサトウキビの良い味わいが感じられます。

 

総評
★★★★☆(4/5)

この日は朝から色々とトラブルが多く、予定していた他のお菓子が買えなかったためハラペコ状態でした。
他の店がやっていない中、ちゃんと営業していてくれて助かりました(観光客より地元の人がかなり使っている?)。
本和香糖も甘みはあるけどタルさがなくて、いい香りでした。

 

コスパと今後

シュークリームとしては上限に近い価格ですが、手に持った重量感や見た目のボリューム感はあるので妥当かと。
もっとも、出先で観光地なのでコスパ云々は言ってもしょうがないかなと思いますね。

近くを再訪の際にはまた何かいただくことになると思います。

桜木町ノスタルジア-野毛で「いつでもランチ」をいただく-

f:id:takupan2020:20200729232859j:plain

うぃーっ、って感じの街のはず

神奈川県の横浜から電車で1駅、つまり「横浜の隣の駅(桜木町駅)」に、野毛という地区があります。

位置的には桜木町駅の南方です。日の出町駅との間にあります。といっても土地勘のない人にはよくわからないと思うので、こんな感じの位置関係になっています。

f:id:takupan2020:20200729232956j:plain

下の赤丸(の右下半分くらい?)が野毛



左上の駅が、あの日本のサグラダファミリアと言われる横浜駅です。(延々と工事をしていていつまでも完成しないことを揶揄して言われているだけで、ほめてるわけではない)

こうして見ると、横浜からはちょっと離れているといえば離れていますが、遠方の自分からすれば一心同体みたいな距離です。

 


さて、野毛ですが・・・ここはいわゆる「夜の街」で、調べるとおそらく乾杯して「ウェーイ」みたいな記事ばかり出て来ると思います。
なので、日中来ても面白くないのかもしれませんが、自分は逆に日中どうなっているのか気になるタイプなので、出かけたついでに立ち寄ってみました。

 

明るい時間の野毛をブラブラする

うーん、なんかとっても淫靡な看板などが目に付きます。悦いぞ悦いぞ~という感じでしょうか。
夜だと別の雰囲気だと思いますが、これは日中。

f:id:takupan2020:20200729233230j:plain

なかなかソリッドな感じのピンキーな建物

f:id:takupan2020:20200729233318j:plain

川向こうも、これはなかなか・・・

f:id:takupan2020:20200729233347j:plain

まぁ、よくある

f:id:takupan2020:20200729233421j:plain

司法書士事務所とホテルが紙一重な距離にある、なかなか・・・

 




何やら隠されていたものが白日の下にさらされている感があります。
地面の模様すらもエロティックな何かをイメージしているような気がしてきます。

f:id:takupan2020:20200729233503j:plain

何かを象徴している!(文学

 

過激な落書きの店や、ガラスがバリンバリンな店などもあり、なんかヤバげな気配を感じますが、一方で川沿いにはおじいちゃんが腰掛けてボーッとしてるなど、ノスタルジックな雰囲気もあります。

f:id:takupan2020:20200729233551j:plain

2Fのガラスは妙な割れ方をして、1Fの奥の壁には穴が・・・

 

f:id:takupan2020:20200729233647j:plain

どこでも同じようなイラストが描かれますな(読解不可)

 

f:id:takupan2020:20200729234158j:plain

キャッキャうふふな感じ

 

f:id:takupan2020:20200729233923j:plain

とはいえ、本流はこんな感じの飲み屋街的なポジション

f:id:takupan2020:20200729234038j:plain

飲み屋が連なっているエリア。さすがに昼間から飲んでいる人は少ない

 

キムラヤベーカリーのコッペパン

途中、コッペパンが有名なキムラヤベーカリーで、この日の夕飯となるパンをゲットしました。
天気が悪かったこともあり、夕方でもコロッケコッペが残っていました。(天気に関係なくいつも残っているのかもしれないけど・・・)

このコロッケコッペですが、なんか、そのへんのコロッケとは思えないほど厚みがあり、ボリューミーでした。
噂には聞いていましたが、本当にこれはいいです。
ここのところスーパーのペラッペラなお惣菜コロッケ(1個50円。おそらく冷凍の工場製造品を揚げてあるだけ)しか食べていない身には非常に新鮮かつ満足感があります。

 

センターグリルの夜でも注文できるランチ

さて、惣菜パンまで買っておいてなんですが、この日は野毛の洋食レストラン、センターグリルで食事をすることに決めていました。

昔、映画か何かに出てきたのを見て、一度行ってみたいと思ったのを(最近になって)思い出し、横浜方面に行く以上は必須でしょうということで今回の旅行の重要拠点の一つです。

あいにくコロナの影響で店は半開放状態のうえ、ほとんど客もおらず独特の雰囲気はまったくありませんでした。


定番の浜ランチを注文。オムライスとチキンカツ、サラダのセットになります。
銀のワンプレートに載って出てくるのがいいですね。

ランチという割に、注文時間の制限がなく開店時間中はいつでも注文できるという謎の仕様になっています。

 

さて、オムライスは写真の通り、ライスが白いタイプです。卵とデミグラスソースを崩しながら食べていきますが、ちょっとあっさりしすぎているかなという印象を受けました。
もし頼むのであれば、ケチャップライスになる「特製」のほうがいいかもしれません。

そんなわけで味は思ったよりあっさりしていましたが、ボリュームもそこそこあり、食事としては満足のいくものだったので次回もこのあたりに来ることがあればまた寄りたいなと思います。

 

桜木町駅もアヤシイ

桜木町なんて名前を聞くとオシャレな印象しか持たない田舎者の自分でして、ミニ渋谷のようなハイソな感じかと思って身構えていました(どうせ通るだけなのでどうでもいいや、という投げやり感)

しかし、実際の桜木町駅は駅ビルが「ぴおシティ」という名前で1Fにセブンイレブン、上の階には法律事務所などがあるものの、地下は完全に飲み屋街。
おまけにスロット専門のゲームセンターまであって、なんか野毛と横浜がいい感じに混じり合ってるのかなぁ~と感じました。


というわけで、見ておきたいところは一通り見終わり、この日は1万5千歩ほど歩いて横浜のホテルに着いたのでした。あぁ疲れた。

 

ヤマザキ/生どら焼き(プレミアムスイーツ) つぶあん

f:id:takupan2020:20200715234731j:plain

騒々しくないパッケージ



【メーカー】ヤマザキ
【品名】生どら焼き(プレミアムスイーツ) つぶあん
【概略】299kcal/82g/100円

 

入手経路

近所のスーパーでいつものごとく購入。どうも最近100円と言われると安く感じてしまってイカンな・・・

 

パッケージと全体印象

ゴテゴテと変な(長ったらしい)売り文句を書いたり手を加えていない点はシンプルでよいかと。

 

f:id:takupan2020:20200715234833j:plain

原材料は,そこそこ多い

f:id:takupan2020:20200715234900j:plain

サイズの割にカロリー高めか? クリームあるから仕方ないけど・・・

f:id:takupan2020:20200715234933j:plain

 

 

食感

生地は多少アブラっぽい。まぁしょうがない。生地の形状と役割を果たしていて、食感も維持されているのでいいと思います。

あんとホイップもややアブラっぽい。これもまぁしょうがない。ホイップの悪魔的な甘さはいいとして、粒あんが入っているので少しだけ(?)どら焼きっぽくて、これもいい。

組み合わせると、しっかりした王道のジャンクスイーツが出来上がります。

f:id:takupan2020:20200715235004j:plain

見た目はあまり美味しそうに見えないかも?だけど、これが意外に合う

 

総評
★★★★☆(4/5)

味についてはまぁ普通なのですが、形状がどら焼きで食べやすいのと、どら焼き生地とホイップクリームって意外に合うな・・・と思ったので好意的な印象です。

 

コスパと今後

どら焼きが好きで、かつ、こういう邪道極まりないエセどら焼きも受け入れる節操のな・・・いや度量の広さを持ち合わせているなら、結構コスパの高いジャンクスイーツだと思います。
原材料に気を遣ったシリーズだと言っているので、ヤマザキを信じられる人には結構いい選択肢かなと思っています。

自分はまた買ってしまいそうな気がする・・・

続)ごんべんのめんつゆ(底値)を求めて街を徘徊した

 

長くなってきためんつゆツアーの後半になります。

前半では、近所のスーパーからイオン系の大手になるに従ってどんどん値段が上がってきて、みなさんのカネ持ちっぷり(多くの人が使う=大手)が妬ましい感じになってきたところで、後半は我ら貧民の味方である小さめのスーパーを中心に回ってきました。

 

 

9店目 地元スーパーC

大手チェーンの系列の食品スーパーです。たぶん数百店舗はありそう。
広い駐車場のある郊外の店舗で、自転車で来ている人は近所の人だけかな。。。

ここも498円です。500mlは360円です。なかなかに、やりおります・・・

 

 

10店目 地元スーパーD

食品スーパー自体の店舗数は少ないものの、その他の業態の店舗も抱えていてそこそこ大きなグループのお店です。
自分の印象ではこのあたりでは最安値をたたき出すことが多いです。


残念ながらごんべんは普通の値段でした。というか月間特売品に指定されておきながらも427円なので、普通より高い? 

しかし、帰りがけに衝撃的なことが・・・

 

なんと、週末に298円セールをやると広告が打たれているではないですか!

シロさん的底値なので、買ってもいい値段です。他に安い店がなかったら、週末にここに来て買うことにしましょう。(ここは距離的には家から2番目に近いスーパーなのですぐ来られる)

 

 

12店目 地元スーパーE

駅前の小さい食品スーパーです。チェーンっぽいですが、全国的には聞いたことがないので鉄道沿線専門なのかな?
このスーパーも駅前には似つかわしくないアグレッシブな値段でブイブイ言わせてたのですが、クレジットカードを使えるようになったと思ったら自動精算機を導入し、すぐに撤去するなど迷走した挙げ句、今では高くてモノが少ないイマイチな店になってしまいました。以前は気に入っていたのですが、今はほとんど寄ることがありません。

ごんべんは扱いがあり、399円とまぁ食品スーパーの標準的な値段です。この値段なのに大きなPOPを出してしまうあたりが、今のこの店の残念さを表しているかと思います。

 

 

13店目 100均

100均なので当然ごんべんはありません。
似たような色のものがあったので撮影しておきました。3倍濃縮の300mlで100円になります。

 

 

14店目 カワチ薬品

今の業界にあまり詳しくないのですが、準大手のドラッグストアでしょうか。

ドラッグストアにしては標準的な規模の店舗だと思うのですが、どういうわけかオレンジのにんべんの取り扱いはなく、ゴールドタイプのみ528円で売られているという状態でした。

 

 

15店目 イオン

泣く子も黙る大手スーパーです。3階か4階建ての結構大きな店ですが、イオンモールではないので食品は1階だけの取り扱い。

1Lタイプが398円、500mlで328円なのでまぁ普通の値段でしょうか。それよりもゴールドの1Lタイプがあるのと、500mlで398円という値段なのに驚きました。

 

 

16店目 地元スーパーF

大手資本が入っているらしいのですが、よくわかりません。
実験店舗的な扱いなのか閉鎖に向けて動いているのか、全国数えるほどしか店舗がないというしょっぱい状況です。

ごんべんはありましたが、値段は427円とやっぱりいまいちな感じですね。

売れ筋商品の在庫は手厚いものの、マイナーな商品の扱いが苦手のようで、ときどき大量に同じ商品を仕入れて、売りさばけずに捨て値で処分に走るという(客からすると)オモシロい店です。

 

 

結論:ごんべんのめんつゆは相当なブランド品である

以上のように、ごんべん(にんべん)のめんつゆはブランド力が強いようで、どこでもかなり高値を保っています。

他のヤマキやキッコーマンといったライバルたちが店の角コーナーに置かれて1リットル178円だとかでたたき売りされていても、これがそんな値段になることはないようです。

 

シロさんの目利きは確かである

今回見て回った中で唯一、スーパーDが週末に298円で販売するという広告を打っていたので、そこで買うことにしました。

また、今回は行けませんでしたが、後日、生協系の店舗にて同じく298円での販売を予告する広告が入りました。

こうして見ると、やはり「ごんべんのめんつゆの底値は298円」という筧史郎氏の見解は、確かに説得力のある話なのだと実感しました。

 

ただし、後日スーパーD店頭に足を運んでみると「広告より安く!」とPOPがあり、実際は258円で販売されていました。うーん、ちょっと得した気分です。

FLO/チーズタルト


【メーカー】FLO
【品名】チーズタルト
【概略】430g/1,078円

 

タルトのネタを書いたところで、じゃあ店のタルトってどういうんだよ?という感じだったので過去のネタから一つ引っ張り出してみました。
(アップしてないだけで、こういうお菓子ネタのストックはけっこうある・・・)

 

入手経路

FLOはチェーン店なのであちこちにあると思います。
自分はほぼ買わないのですが、たまたまショッピングモール内で店先を通ったらこの店舗独自のチーズタルトセール(999円)をやっていたので試しに購入。

 

パッケージと全体印象

既製品ではなく、一応お店の品なので特にパッケージというものはなし。
FLOでは他に果物をふんだんに使った凝ったタルトもたくさん並んでいて,その中ではこのチーズタルトは非常に地味なほうです。
(そのぶん、たぶん値段は安い方なんだと思う)

自分はこういう焼きっぱなしのシンプルで地味なケーキ好きで、最近はスーパーのショボいお菓子ばっかりだったので、食べる前からちょっと楽しみ。

 

食感

ナイフを入れたときのタルト生地の固い反応がいい。
でも、チーズの香りが全然しないよ・・・

というわけで、実食したところタルト生地はいいのですが、チーズがねぇ・・・味も香りも弱すぎる。やっぱりコスト削り過ぎじゃないか? という感じがします。
(店頭はアルバイトなのでしょうから、人件費はさほどかかってなさそうなんですが、、、やっぱ流通コストかなぁ?)

帰ってきてからすぐに食べたのと、翌日、翌々日とチョビチョビいただきました。(賞味期限は当日中とのことです。)
味がなじんで美味しくなるということはなかったけど、逆に変なアブラが染み出したり、不味くなるということもなかったです。
たぶんまともな作り方をしているんだと思います。

土台のタルト生地も、ダレることなく2日目も3日目もちゃんとクッキーしてました。
ただ、さすがに4日目の夕方になるとタルト部分は全体に湿気ってヘニョっとしてきていました。
賞味期限が過ぎているので文句は言うべきではありませんし、3日目まで元気だったのは立派かと思います。

というわけで、設定している賞味期限からしても保存料とかは入っていないのでしょうけど、そもそものチーズがなぁ・・・惜しい。
せっかく店頭で焼いて売るならもっといい材料使えばいいのに・・・という感じです。(もちろん、原材料費をアップして利益が出るのかという問題はあるのでなんとも言えないけど)

 

総評
★★★☆☆(3/5)

全体としては自分で作った方が美味いよね、というレベル。

ということは逆に言うと、スーパーのお菓子と考えれば結構イケてるのではないかという感じです。(当たり前ですが、スーパーで売ってるチーズ系のお菓子は、チーズ風味がさらに希薄です)

いや、スーパーのお菓子と言うには高すぎるんじゃね?とも思えますが、グラム単価で見ると、それほどは高くはないんですよ(高いけど)。
あとは消費できるかどうか。


一応店頭にオーブンがあって、そこで焼いているようです。
つまり材料には不安はないです。保存料も入れる必要がない。スーパーのお菓子としては、これ以上ないレベルです。

いや、待てよ。工場で作って、冷凍で運ばれてきて解凍後焼いているだけ、っていうパターンもあるな(チェーンの安いパン屋だとこのパターンが多い)
うーん、どうなんだろうなここは。タルト生地は工場で焼いて、アパレイユ詰めて冷蔵で出荷して店頭で焼成かな・・・(性善説に立てば?)

一応、及第点だと思います。

なーんか、その昔、FLOのタルトは買ったことがあって、マズッ!(高い割に)と思ってもう買わないっ!!と思った記憶があるのですが、反省をまったく活かせずにまた買ってしまった。
こうやってちゃんとメモをとっていかないと、何を買ってどう感じたのか、人間は忘れてしまうものなんですよね。

 

コスパと今後

コスパが悪いわけではないですが、1ホールだと一人だと食べきれないサイズです。
カットされたサイズのも売られてますが、多分割高なんだと思います。
フルーツが好きなら、FLO店頭ではいくつかのカットタルトを詰め合わせたお買い得セットのようなものを売ってるので、それがいいのかもしれません。(FLOの回し者ではないですが)