ふれふり!

2020年から自由を求めてフリーランスになりました。自由って不安でツラいけど、フレフレ!フリー!と自分を励ましながら、なんとかやっていきます。

自動車の任意保険比較サイトは今どのくらいお得なのか

 

自家用車の任意保険についてはいわゆる「通販型」と言われるものの中から、毎年見積もりをとって比較の上で決めているのですが、プロモーションに対する規制が厳しくなり近年はあまりメリットがなくなってきたように思います。

 

とはいえ習慣的に今年もやったので、どのような結果になったか書いておきます。

 

 

使った比較サイトは3つ+1

比較サイトで車の情報や連絡先などを入力して、見積もりを依頼します。

 

今回申し込みをした2021.2時点の主な比較サイトと運営会社は次のとおりです。

 

ズバッと!(bang!)/ウェブクルー

価格.com/カカクコム

インズウェブ/SBIホールディングス

NTTイフ/NTTif

 

ズバッと!とbang!は同じ会社ですね。後述する利用特典が違うこともあるのでどちらか好きな方を利用すれば良いかと思います(同一会社なので両方の利用特典は得られなかったと思う)

NTTイフはちょっと特殊なので後述します。

他にも○○保険などと称するサイトはありますが、見たところ単なるアフィリエイト機能の寄せ集めで、各社の見積を統合して一発比較できるような仕組みではないようです。

 

なお、これらのサイトの注意点としては、下の画像のように見積もり結果に加えアレやこれやの大量のメールが送られてきます。

なので、自動車保険比較サイト専用のメールアドレス、みたいなものを使った方がいいと思います。(ただし、翌年同時期にはそろそろ保険の更新時期です、といった注意喚起メールも来るのでそういうのを送ってもらいたいなら日常的に使っているアドレスでもいいかもしれない)

 

f:id:takupan2020:20210712191924j:plain

受信メールボックス内を「自動車保険」で検索した結果

 ちなみに上の画像ではSBIなどが絨毯爆撃のように同一日時に何通もメールを送ってきていますが、メール内容は同じです。これは2020年、2019年、2018年と毎年の見積データが別のものとして保険会社に登録されているためと思われます。(自分はもう10年ほど、このようなかたちで毎年見積を取っています)

見たところ、3年分の顧客情報を保管してメール営業をして、反応がないものは情報削除していくような運用をしているように見えます。

 

実際に見積を依頼する

依頼すると言ってもサイトに必要事項をポチポチと入力して、メールでの連絡を待つだけです。

今ではサイト上やメールで見積もり結果が即表示されることがほとんどですが、見積額は後日ハガキで・・・みたいな保険会社もありました。(今でもサイト表示に加えてハガキも送ってくる会社が多い)

 

なお、必要事項入力の際は手元に

・免許証

・車検証

・今入っている保険の証書

があった方が良いかと思います。(免許取得の年月日など覚えてないような項目もある)

 

比較サイトの見積もり結果で2.5倍の差があった

今回の見積結果は次のような感じでした。

22,020円のチューリッヒから52,530円の損保ジャパンまで、金額には結構差がありましたが、だいたい2万円台半ばというところですね。(詳細な見積条件は省きますが、車両保険は付帯していません)

f:id:takupan2020:20210712192340j:plain

見積条件によっては対応してくれない(見積を提示してくれない)会社もある

 

ここではメール本文にテキストでベタうちされていたNTTイフのものを例示しましたが、比較サイトによってはリンクが送られてきてサイト上で(多少)グラフィカルに表示されるタイプもあります。

比較サイト自体は保険会社ではないので、仲介をしているだけです。なのでどこの比較サイトで見積もりをしても、同じ条件なら同じ保険会社から違う見積額が帰ってくることはありません。

が、各サイトごとにデフォルトの見積もり条件が異なっていて、デフォルトの変更をせずに申し込んでしまうと違う金額が戻ってくることもあります。

また、比較サイトによっては取り扱っていない保険会社もあって見積が得られないこともあるため、基本的には上記の4つのサイト全てで見積もり依頼を行っておいた方がいいかと思います。(利用特典も別々に得られる)

 

3つの比較サイトの利用特典

比較サイトは利用特典があり、申し込んで実際に見積書が発行されたり契約に至った場合はプレゼントが送付されてきます。

まず、見積書の発行で今回ゲットした商品は次の通りです。

 

・KFCチキン2ピース

・KFCチキン3ピース+サイドメニュー

・ローソンまちカフェSサイズ5個

 

これらは後日、登録したメールアドレスに電子コードが送付されてきて、店頭でバーコード表示させて現物と引き換えます。利用期限は1-2ヶ月程度のようです。(1月末に契約し、2-3月にコードが送付されてきて、利用期限は3-4月末まで、という感じであまり長くはない)

 

f:id:takupan2020:20210712200125p:plain

チキン2個で500円くらい?

f:id:takupan2020:20210712200237p:plain

こっちはサイドメニュー付きでちょっと豪華

900円くらいだったような

f:id:takupan2020:20210712200205p:plain

100円のコーヒー5杯なので500円

 

時期によって商品の種類、数が違うようです。KFCチキンはハーゲンダッツミニカップとの選択式でした。我が家はアイスはたくさんありKFC店舗も行ける距離にあるためチキンを選択しましたが、日持ちを考えるとアイスでもよかったかもしれません。

 

以前は商品のほかにアフィリエイトのキャッシュバックや金券(通販サイトのポイントや図書カードなど)がプレゼントされており実質的に1万円以上が戻ってきていましたが、いまは行政指導?によりこうした換金容易な現金等価物はNGになってしまったため、コモディティ的なモノしかプレゼントされていないようです。

 

NTTイフの契約者特典として、ロードサービスなど5つ

3社で見積もりをして比較したあと、実際に契約をする際にはNTTイフのサイトを経由して行います。というのも、ここだけは下記のようなロードサービスを含む契約者特典が付帯されるからです。(逆にNTTイフのサイトでは上記のような見積書発行による特典はありません。あくまで契約した場合の特典です)

ロードサービスが別料金やオプションになっている保険会社もあり、その場合はオプションを外して保険料を節約し、このNTTイフの無料のロードサービスで代替する、ということができます。

ロードサービスは保険会社各社が個性や実力を出せるところでもあり、得手不得手もあって千差万別なのですがNTTイフのものはオーソドックスなタイプで,金額換算すると500円から1,000円くらいでしょうか。

 

(挙げられている無料サービスが5個あるけど、実用性は・・・)

特典1]Club off plus.

特典2]ホームアシスタンスサービス

特典3]弁護士無料電話相談

特典4]無料ロードサービス

特典5]交通安全お守り進呈

 

チューリッヒ独自の契約記念品として電子ギフト

今回は定期収入がなくなってしまったので節約してみようということで、初めて最安値のチューリッヒと契約しました。

独自の契約記念品としてお土産ギフトが送られてきました(郵送)。とはいえ、たぶん金額換算すると500円相当くらいの価値のもので、あまり期待しないほうがいいかと思います。(存在を忘れていたくらいです)

 

f:id:takupan2020:20210807181827j:plain

なんか来た

ちなみにもっと大事な保険証券は送られてこない(そういう契約だからいいんだけど・・・)

 

比較サイトは役に立つしお得だけど、保険を理解する必要が?

冒頭で「メリットがなくなってきました!」などと書きましたが、各社の価格差を考えるとやはり比較の上で契約をすべきだなぁと思わずにいられません。

物品がショボくなったのは悲しい感じですが、それでも全部合わせると3千円分くらいの価値はありそうで、「保険の比較という必要な作業」をやりつつ多少のアガリがあるというのはありがたいことです。

 

任意保険の仕組みや付帯サービスの選び方についてはちゃんと解説された本などがありますのでここでは触れませんが、自動車を持つなら一度学んでおいた方が良いかと思います。(まぁ余計なお世話ですが)

実際に見積を取ってみるとわかると思いますが、オプションや保険の金額などはこちらで細かく指定することができ(細かさは保険会社によって違う)、それによって保険金額が変わってきます。

用意されたパッケージのサービスすべてが必要なものだ、という人は少ないと思いますので、やはりここでも「自分で調べ、考え、選ぶ」人が経済的なメリットを得られるということになります。