ふれふり!

2020年から自由を求めてフリーランスになりました。自由って不安でツラいけど、フレフレ!フリー!と自分を励ましながら、なんとかやっていきます。

クラブオフのVIP会員になってみた その1

f:id:takupan2020:20210910143824j:plain

UCでやっている3ヶ月VIP無料キャンペーン

企業の福利厚生の外注先の一つ、クラブオフ(UC)が3ヶ月0円キャンペーンをやっていたのでVIP会員になってみました。

 

クラブオフとはバラマキ福利厚生的サービス

クラブオフというのは企業の福利厚生的なものを一括して請け負っているリロクラブが運営しているサービスです。当然ですが、サービスは主にネット上のサイトで展開されています。

福利厚生的な、というのは必ずしも企業の社員だけではなく、顧客向けにも提供しているからです。

例えば以前書いた

2020free.com

の中に出てくるNTTイフの契約者5サービスのうち一つがクラブオフへの加入権でした。NTTイフを経由して自動車保険を契約することで、契約期間中はクラブオフのサービスが使えるわけです。

 

他にも金融機関が口座開設者に提供したり、不動産会社が会員向けに提供したり、カード会社がカードホルダー向けに提供したり、上場企業が株主向けに優待の一環として提供したり、いろいろな提供のされ方があり、端的にいって(これまでのところ)その辺にゴロゴロ転がっていてあまり希少性が高いとはいえないサービスになっています。

その分サービス水準も「どこかで見たような割引クーポンが集まっている」みたいな感じで、正直イマイチな印象。

自分の場合は「せっかく加入権をもらったのだから・・・と何度かログインしたことはあるけど実際に使ったことはない」という状態でした。

 

ちなみに自分が知っている具体例を出すと

・ソニー損保が自動車保険の契約者に提供

・DTI(インターネットプロバイダ)が契約者に提供

・ジャパンネット銀行が口座保有者に提供(ただし既に終了してたような)

・アメックスがカード保有者に提供

・HONDACカードがカード保有者に提供

・UCがカード保有者に提供

といったところ。

すべてが無条件ではなくて、たとえばカード保有は一部(例:ゴールド以上とか)の場合もあれば、全員のこともあり、保険などの継続サービスの場合は2年以上継続している場合だけといったふうに条件が入ることもあります。

 

スタンダード会員はあちこちで無料加入ができるけどVIP会員はほぼ有料

ところでクラブオフの会員にはスタンダードとVIPの2種類があります。上記の無料で提供されるクラブオフは、ほぼすべてがスタンダード会員です。

VIP会員にグレードアップするには別途月額550円を支払う必要がありますが、その分VIPなサービスがあるみたいです。ホントかな?

f:id:takupan2020:20210910143448j:plain

 

3ヶ月のお試し期間で無料VIP体験するにはスタンダード会員から

とはいえ正直、どんなサービスが受けられるかわからないし、どれくらい使うかもわからないので(広告を見かけるたびに)気にはなりつつもVIP会員になる機会はなかったのですが、今回UCカードの会員向けに3ヶ月の無料お試しキャンペーンがあったので試しに加入してみることにしました。

 

なお、クラブオフはスタンダード・VIPという会員ランクのほかに、クラブオフ(UC)、クラブオフ(NTTイフ)、クラブオフ(アメックス)みたいな違いもあります。

これは各社ごとにカスタマイズされた違うサービスになっているからで、クラブオフ(UC)のIDではクラブオフ(アメックス)のメニューには入れません。

今回はあくまで「クラブオフ(UC)の無料キャンペーン」なので、他社のクラブオフで同様のキャンペーンをやっているかどうかはわかりません。(ちょっと見た感じでは他ではやってなさそうだった)

f:id:takupan2020:20210910144237j:plain

おそらく費用はUCが負担することになるので、頻繁にはできないキャンペーンかと・・・


なお、上の画像の通りVIP会員になるには「まずスタンダード会員になって、そこからアップグレードする」必要があります。

なので、今回の件はクラブオフ(UC)のスタンダード会員になっている人だけが対象で、会員以外の人が無料だからと3ヶ月のクラブオフVIP(UC)の体験だけをしてみる、ということはできません。

 

VIP会員ならでは、が今ひとつわかりづらい

サイトのトップページからスクロールしていくとこんなふうに、スタンダード会員向けの様々なサービスの中にVIP向けのメニューが埋め込まれている感じの構成になっています。

f:id:takupan2020:20210910151020j:plain

VIPメニューはスタンダードのいろんなボタンの中に混ざっている

 

そんなわけで、正直、標準の画面表示内容はゴチャゴチャしていて「VIPだから特別にどうなるの?」という点がわかりづらいです。

ただ、カテゴリ一覧を表示させることができるので、それをやると下のような感じでなんとなくわかるようになります。

f:id:takupan2020:20210910150610j:plain

カテゴリ一覧から

見たところ、VIPだけのサービスは大きく分けて赤線を引いた3つですね。

・雑誌を(安く)定期購読

・VIPサービス(ラウンジ)

・VIPライフスタイルプラス

 

ちなみに細かい話ですが、例えば宿を取るときにスタンダード会員が100円引きになることろVIP会員だと200円引きになる、といった差別化もされています。(ただこの程度では正直、誤差の範囲内だと思う・・・)

 

雑誌の定期購読は興味がなかったけど、割引率が高くてすごく安いような気はする

雑誌はこんな感じになってます。自分が見たときは2件しかありませんでした。f:id:takupan2020:20210910151500j:plain

 

期限が設定されているのでたまたま今だけなのかもしれませんが、よくよく見るとすごく安い気がします。プレジデントなんて24冊ですから、1冊150円くらいです。メール便で送ってくるにしても、送料くらいにしかならないのでは・・・?

ただ、どっちも興味がない本だったのでとりあえずパス。残念です。

 

VIPラウンジサービスとは?

3つめのライフスタイルプラスというのと何が違うのかよくわからないけど、どうもこのラウンジサービスが単発もので、ライフスタイルというのはサブスク契約、みたいな区分けになっているようです。

で、実際の内容はというと・・・

f:id:takupan2020:20210910155014j:plain

 

またぞろ「メニューの中にメニューがある」みたいなよくわからない構造になっていて辟易してきたのですが・・・とりあえずVIP限定と書いてあるものから一例を出すとこんな感じ。

f:id:takupan2020:20210910155139j:plain

限定サービスの中身はこういう感じ

ニューオータニのやつとかは、普通に一泊する予定だった人は2泊できて割安感はあるのかもしれません。ただ、ホテル指定の連泊予約で最終日無料ってかなり限定的ですよね・・・

正直、これは!というものは見当たりませんでした。。。

 

ライフスタイルプラスとは?

なんかよくわからない消毒水製造装置のセールとか、人間ドック的なヤツの割引とか、いくつかあったのですが上記の通り違いが良くわからないうえ中身がアレなので省略します。

イメージ的にはスゴく利幅が大きいリッチ層向けのサービスを、そこそこ割り引いて売ってる印象?

 

よく広告で見るタイムセール500円宿泊はどうなの?

一度くらいは見たことあるのではないかと思うのですが、クラブオフVIPがウリにしているのがこの1泊500円セール。

興味はありつつも「どうせよくある抽選とか限定とかでしょ? 客寄せパンダでしょ?」と思ってたわけですが、、、まさにその通りでした。

f:id:takupan2020:20210910155948j:plain

この日はANA札幌とリーガ大阪の2宿のみ

応募ルールとしては抽選ではなく時間限定の先着のようです。

元々いくつ枠があったのかわかりませんが、ホテルなのでおのずから部屋数には限界があり、さほど多くはなかったんだろうな、と思われます。8月26日木曜日の開始1時間後には下のような状態で、すでに全枠×になっていました。

f:id:takupan2020:20210910160110j:plain

8月の予約

f:id:takupan2020:20210910160224j:plain

9月の予約

このセールは単発ではなく毎週木曜日ということなので、がんばれば取れたりするんですかね・・・。

 

正直、一泊500円みたいな値段だと「枠だけキープして実際行けなければそのまま支払いをして実際には宿泊しない」という捨て枠的なこともできるのでこのやり方(先着)ってどうなの?という感じがしないでもないです。

長らくこれでやっているみたいなので、目を引く広告づくりのための見せパンみたいなものでどんな風に使われようがお構いナシなんでしょうか・・・

 

今のところコレで550円払う人がいるのか?という感じだけど・・・

そんなわけで、ココまでのところ散々な評価なわけで3ヶ月の無料期間中に退会必至な感じですが、いろいろ見ていくとなんか会費くらいは取り返せそうなメニューもあったので、その辺を続きで書いていこうかと。

その2に続く。。。