ふれふり!

2020年から自由を求めてフリーランスになりました。自由って不安でツラいけど、フレフレ!フリー!と自分を励ましながら、なんとかやっていきます。

えらべるグルメギフトってなに?(自動車の任意保険比較サイトは今どのくらいお得なのか・の追記)


 

f:id:takupan2020:20210824144233j:plain

チューリッヒのキャンペーンで送られてきた契約者特典プレゼント


少し前に自動車保険の比較サイトについて書きましたが、その際にチューリッヒのプレゼント「えらべるグルメギフト」の申し込み期限が迫っていることわかったので手続きをしました。(ケンタッキーなどは期限内にお店で交換し美味しくいただいております)

 

2020free.com

 

 

 

えらべるグルメギフト = ギフトカードモールexchange・・・の仕組み

チューリッヒから届いたのはギフトカードでした。メール等ではなく紙のカードが郵送されてきました。

中身はお店で買い物をするときに使う「JCBのギフトカード」的なもの・・・ではなく、図書カードのような磁気ストライプのカード・・・でもなく、テレホンカードサイズの単なる厚紙でした。

 

f:id:takupan2020:20210824143824j:plain

えらべるグルメギフトはこんな感じで、有効期限すら自分で調べて手書きしろという・・・

 

この厚紙には、裏にカード番号というのが振られています。

そして同じくカードに隠された4桁のPIN番号(パスワード的なもの)と組み合わせることで専用サイトで品物の注文ができ、後日配送されてくるというものです。

f:id:takupan2020:20210824144145j:plain

えらべるグルメギフトは伊藤忠食品の展開するサービスらしい

 

有効期限が半年程度なので、忘れないうちに申し込まないといけません(たぶん世の中全体ではかなりの数の申し込み忘れが発生していると思われ、相当な利益になっているのではないかと・・・うまい商売だなぁ)

困ったことにこの〆切の日付がカード自体にはプリントされておらず、単体でカードを見ても期限内なのかどうかわかりません。非常にわかりづらいです。おそらくコスト削減のためカード製造は一括して大量に行い、実際の利用期限は出荷時点(一ヶ月を1サイクルとか)でシステム上で設定する、というような運用になっているんでしょうね。(と、勝手な想像)

 

我々利用者に対する対応としては、「同封されている書面等」で確認してください、とのこと。

どいういうことかというと・・・こんな感じです。 

f:id:takupan2020:20210824143918j:plain

「2021年03月05日より6ヶ月間」という有効期限が文中に埋め込まれている

 

いったい何と交換できるのか? はログインするまでわからない

 残念ながら同梱のガイドには品物についての記載がなく、期限だけではなくてこのギフト券でいったい何と交換できるのか? も全くわかりません。

まぁとりあえずカード番号とPIN番号でサイトにログインすれば、その時点で申し込みできる商品が表示されるようなので、チェックしてみました。(ネットに接続できない人は詰みますが、今回は保険契約そのものがネット経由なのでそこは問題なし)

 

さて、何が選べるのかな・・・

 

f:id:takupan2020:20210824144719j:plain

よく見ると左上に「カード残高1,500pt」との表示

う、うーん、これで全部か・・・

 

レトルトカレーに決めた!

ログインすると選択肢が10種類しかないうえ、半分くらいがラーメンという偏ったセレクト。(全品在庫ありなので、「選択肢に出てくるのに選べない!」みたいな最悪なことにはなっていない)

うーん、ラーメンに偏りすぎでは?と思うものの・・・まぁ、今ある中から選ばなくてはならないのでしょうがありません。

パッと見て欲しいものもなかったので、いくつか気になったモノの評判をネットで調べつつ、結局のところ「できれば(何でもいいから)日持ちするものがいいなぁ」という考えが強くなり、レトルトカレー3種セットにしました。

 

いくつかの品を調べた感じだとこの1500ポイント、内訳としては品物代は1000円相当、送料が500円程度という感じで、1ポイント1円の合計1500円相当というイメージのようです。

 

ただ、今回注文したレトルトカレーに限っては1個500円くらい?(後述)のものが3個で1500円になります。その代わりというわけではありませんが、配送が宅急便ではなくメール便になっており、なるほど送料を節約してその分モノにかけるコストを多くする、という作戦だな、これがお得だなと。(勝手にそう思ってるだけですが) 

ちなみに上の写真のうち「×着日指定」になっているレトルトカレー2種がメール便で送料を節約しています。

きのこの方にしなかったのはきのこ嫌いだからで他意はありません。

 

8月7日に注文して一週間くらいでポストに届いた

申し込みを完了すると登録したメールアドレス宛に受付した旨、商品発送時には発送した旨メールが届きます。このあたりはしっかりしてます。

f:id:takupan2020:20210826175402j:plain

よく読むとキャンセルはできないものの、注文内容の変更はできるらしい・・・

 

続いて、数日後に発送の連絡がきました。

 

f:id:takupan2020:20210826175511j:plain

発送連絡は発送日の8/12に来た

 

そして予定通りクリックポストでポスティングされていました。

f:id:takupan2020:20210824150707j:plain

 

しかし、、、品物は販売用の紙箱もなくてパウチ丸出しでポイッと入っていたw

まぁ箱は不要なのでいいけど・・・一応食品なので、せめて何かビニール袋に入れるくらいはしてほしかった感じがする・・・まぁその手間にコストをかけて品数が減るよりはいいか。

f:id:takupan2020:20210824150800j:plain

なかなかのむき出し感で、清々しいほどのコスト削減が感じられる

 

中身は3種ともベル食品工業製造のトンソンジャパン販売

紙パッケージがないのでバーコードなど商品を特定する情報がないものの、商品名から判断すると届いたのはコレ。

 

東京丸の内・モナリザ ブイヨン煮込みのフレンチカレー

金沢・プレミナンスのフレンチレストランの欧風カレー

東京乃木坂しん お出汁をきかせたビーフカレー

 

早速、どういうものか調べたところこんな感じのシロモノでした。

 

f:id:takupan2020:20210824145248p:plain

フレンチでカレー? しかし1077円で買う人いるのかな・・・?

f:id:takupan2020:20210824153356j:plain

 

 

f:id:takupan2020:20210824145353j:plain

そしてやっぱりフレンチレストランのカレー こっちも1090円・・・

f:id:takupan2020:20210824153322j:plain

 

 

f:id:takupan2020:20210824145319j:plain

単品が見つからず詰め合わせになってしまったが・・・

これでだいたい正価500円/個程度であると想定・・・

f:id:takupan2020:20210824153139j:plain




製造のベル食品工業はレトルトカレーOEMの大手(最大手?)のようです。

自分もどこかで聞いたことあったのですが、JTの関連会社でありましたね。・・・と思ったら、JTのほうは北海道にある「ベル食品」で、今回のレトルトカレー製造元である大阪の「ベル食品工業」とはまったく関係ないそうです。  

 

f:id:takupan2020:20210824153037j:plain

白パッケージで小売り商品感はゼロ・・・

 

 

忘れないうちに備蓄品と交換しておきましょうという話・・・

上の写真の通り、思ったより賞味期限が長かった(2023.03or07までと1年半以上あった)のがありがたく、早速備蓄品ボックスに直行となりました。

というわけで、これを書いている時点では食べておらずしばらくその予定もないので味のほうはなんとも言えませんという状態で全く商品レビューになっていないのですが、えらべるグルメギフトが何なのか?というのは書けたのでよいかなと。

 

教訓、というかアドバイスができるとすれば、冒頭で書いたとおりカードそのものに期限などが印字されておらず、お手紙とバラしてしまうと期限すらわからなくなってしまうのと、品物のなかには日持ちするレトルト品もあったので、カードをいただいたら忘れないうちに交換しておきましょう、というくらいですかね。

 

あと、これは余計な話ではありますが、結局ネットにID/PINでログインして注文するし、物理的な手段で送ってきたカードやその付帯印刷物にはほとんど何の情報もないしで、ID/PINをメールで送れば無駄な郵送料とか必要なくてよかったのでは?という感じがしました。