ふれふり!

2020年から自由を求めてフリーランスになりました。自由って不安でツラいけど、フレフレ!フリー!と自分を励ましながら、なんとかやっていきます。

木村屋総本店/とろけるカレーナン


【メーカー】木村屋総本店
【品名】とろけるカレーナン
【概略】kcal/g(7kcal/192g)

(参考)
3.36kcal/円(437kcal/130円)
0.96g/円(125g/130円)

※重量表示なしのため実測(推測)による。

 

入手経路

都内に出かけた際にデパ地下で購入。
その日は天気が悪く、雨の日スペシャルとかなんとかで店員が推していたのと、サイズ的に大きくて魅力的に映ったのです。
ただ、よく考えたらこの日の夕飯はカレーの予定だったのです・・・何やってんだろう。(たぶん気持ちがカレー化していて、ついつい買ってしまったパターン)

 

パッケージと全体印象

普通に透明なパッケージに入っていただけ。
以前買った蒸しケーキのように、工場製造のパックされた製品ではなくてパンとして売られてた感じですね。

 

食感

普通の大きめのカレーパン。
ただし、揚げていない。

揚げていない。

えっ?

そ、そうだ、よく考えてみたらそのへんのパン屋で売ってるカレーパンって、周りにパン粉がついていて、揚げてあって茶色いのがほとんどです。

でもこれは白いカレーナンです。微妙にパン粉がついているものの、全体を揚げたという状態ではありません。


ナンは火が通っていてそのままでも食べられるものの、前述の通り当日の夕飯がカレーだったため,このパンをいただくのは翌日になりました。
そこで、カレーが冷たいままではイマイチかなという気持ちもあって、トースターで焼いていただくことにしました。


3分ほどトースターモードで焼き、10分程度放置します。


んー。うまい。

カレーがトロトロになっていて、とろけるというのはその通りかもしれない。
生地の方は焼いてしまったこともあって硬めで、とろけたカレーと硬めの生地とのコントラストがイイかも、と思える。

 

総評
★★★☆☆(3/5)

なんだろう。
揚げてないのは特徴的なのかもしれないけど、なんか、昔どっかでパニーニみたいな扱いで同じようなカレーパンを食べたことがあるような気がする・・・。

 

 

コスパと今後

カレーは液体だから重いのは当然とはいえ、サイズも大きめでこの値段というのは悪くないと思います。

今後食べるかというと、微妙。というのも、カレーパンってパンの中では特殊なんですよね。確かにパン生地はあるんだけど、カレーが主でパン生地が従という特殊な関係。
なので、カレーパンを食べたいかどうかというのは、カレーを食べたいかどうか、に近い。