ふれふり!

2020年から自由を求めてフリーランスになりました。自由って不安でツラいけど、フレフレ!フリー!と自分を励ましながら、なんとかやっていきます。

ドンレミー(アウトレット)/クレープ四角皮とホイップクリームRe

f:id:takupan2020:20200818192703j:plain

そこそこのボリューム感がある



【メーカー】ドンレミー(アウトレット)
【品名】クレープ四角皮とホイップクリームRe
【概略】1,060kcal/340g/220円

 

入手経路

北千住にあるドンレミーアウトレットで購入。

クレープ生地にホイップクリームをサンドしたものです。

店頭で見たときは、別途記事にしたクレープ生地(生地だけ120円)を先に手に取り、続いて+100円でホイップクリーム入りという本品を見つけて、どっちを買うか悩んだのですが、迷ったときは両方いけ! との家訓に従って両方ゲットしてきたものです。おかげでその後数日、甘ったるいスイーツまみれでちょっと胸焼けが・・・

 

パッケージと全体印象

ふだんスーパーで見かけるパックよりだいぶ縦に長いパッケージです。
無地ですが、ちゃんと諸元を記したシールも貼ってあります。

・・・という感じで、クレープ生地だけのものと同じパッケージに入っていて、シールだけ違うものでした。

f:id:takupan2020:20200818192851j:plain

重さもそこそこ

 

食感

断面を見ての通り、ホイップクリーム(ただし当然いつもどおりそこそこアレな材料)がやや厚めに入っています。

f:id:takupan2020:20200818192917j:plain

生地よりホイップクリームのほうに存在感がある



これでどうなるかというと、ホイップクリームが主になって、クレープ生地が従になってしまうわけです。

そして、そのホイップクリームが美味しいかというと・・・毒々しさもあって、決して不味くはないのですが、なにぶんスーパーのお菓子のレベルなので・・・。
やっぱりマトモなアイスを包んだのに比べてしまうと、味は遙かに落ちますね。そして、生地とクリーム以外の味がないので単調です。

スポンジケーキの時はあれだけホイップクリームを求めていたのに、クレープ生地に追加されるとイマイチだと文句を言う・・・人間とは勝手なものです。

(ただ、せっかくのクレープ生地の「層」という特徴を生かせず、ホイップクリームがメインになってしまっているのは乱暴過ぎて、どうかと思う)

 

しかたないので、ローストカカオニブとチョコレートソースをかけてみました。

f:id:takupan2020:20200818193029j:plain

残って食べるのが苦痛になってきた

カカオニブというのはこういうのです。カカオをローストしただけなので、甘みがなく、苦くて固い粒ですが、甘いお菓子にはアクセントになるので自分は多用しています。

f:id:takupan2020:20200818193059j:plain

ローストカカオニブ(どうやらかなりの安物だったらしい・・・うま味が・・・)

 

f:id:takupan2020:20200818193158j:plain

層と層の間に適当にカカオニブを散らした図

f:id:takupan2020:20200818193330j:plain

再び重ね合わせると層の間にカカオニブが見える



う、うーん。

 

不味い!

 

なんか甘さと苦さが別の場所で勝手な主張をしているようで、ハーモニーとかまったく感じられない! なんだこれ。

・・・なんか、もう面倒気味になってきたので、このままチョコソースかけたりしながらいただきたいと思います。
もしかしたら、フルーツとか一緒にすると美味しいのかもしれません。。。興味がある人はがんばってやってみて(投げやり)

 

総評
★★★☆☆(3/5)

保存料もバッチリ(?)入っていて多少の日持ちもするようになっていました。
ただ、クレープ生地とホイップクリームだけなので、味は単調です。そしてこのボリューム。
つまり単調な味で大ボリューム。よほどのドンレミーファンでないと厳しいのではないでしょうか。

 

コスパと今後

クレープ生地10枚と比較してしまうと価格が倍近くになっています。ホイップクリームをどうみるかでしょうね。

見ての通りグラム単価も安めになっているので、美味しい食べ方を思いついたならチャレンジするのもありではないかと思います。
自分は数日前に書いたとおり、クレープ生地のみを買ってきて自分で組み立てて作るほうを選びます。つまりこのクリーム入りはもう買わないだろうと。

 

OCNモバイルONEにMNPした

 

f:id:takupan2020:20200818201041j:plain

届いた書類一式。キャンペーンが多いが・・・

 

我が家では、通信費が食費よりも高くなっており、通信費の見直しが課題になっていました。

 

自分は7月末でドコモから撤退しており、8月はソフトバンクからの撤退です。

 

通信費がヒドいという話はこちら。

2020free.com

 

14千円/月を3千円/月まで落とす

あまり子細には把握していませんが、ソフトバンクは携帯4回線(うちYモバイル2回線)+固定1回線ありました。

問題は、以前は2回線で2千円/月だったものの、この夏くらいから割引が終わって一気に8千円/月くらいまで激しくアップしてしまったソフトバンクの携帯2回線。

このまま放っておくと、2回線8千円+固定6千円=14千円/月くらいのヘビーな支払いが続くことになるため、まとめて処分します。

固定回線含めて事業専用にしていたのですが、コロナで色々あって事業はうまくいっておらず、このまま大きな赤字を垂れ流しておくわけにもいかないので、3千円/月くらいまで落とすことにしました。

なお、Yモバイルは2回線で3千円/月くらいなので、また別途考えることにします。

 

 

ソフトバンク2年縛りの解除を前月までにやっておく

携帯の契約はだいたい2年縛りで、2年に一度やってくる更新期間以外の時期に解約や契約変更をすると、9,500円(+税)の解約金が必要でした。

ところが、総務省に色々怒られて、2019年10月よりソフトバンクは2年縛りの解約金が0円の新しいプランに移行しました。旧プランで契約していても、MySoftbankから新プランへの切り替えが可能です。切り替えにおいては、上記の9500円も含め解約金のようなものもありません。(ただし、旧プランで適用になっていた割引サービスは大半がカットされる)

このあたりの割り切り、切り替えの早さはソフトバンクはさすがです。ちゅうちょなく損切りする感じがすがすがしいです。旧プランからの移行を認めないドコモや、切り替えても1000円の解約金を設定しているauとは考えが違うようです。

 

というわけで、さっさと新プランに切り替えて解約金を0にしてからソフトバンクにお別れを告げるのですが、注意点があります。

・プラン切り替えは月単位なので、申し込んだ翌月からの適用になる

・新プランに切り替えてすぐに解約すると短期解約とみなされる(ブラックリスト入りの)リスクがある

 

というわけで、自分の場合は7月中に新プランへの切り替えを申し込んでおいて、8月になってからMNPをしました。

ブラックリスト入りについてはよくわからないのと、仮にリストに掲載されてしまったとしても、MVNOが増えてきてソフトバンクにこだわる必要性も薄いため、気にしないことにしました。

 

 

MNP予約番号は電話でソフトバンクに発行を依頼し、SMSで受領

 

ソフトバンクのMNP番号発行は店頭のほか、電話での依頼になります。ネットでできそうな説明も見受けられますが、ガラケーの場合はネットで可、スマホやPCは不可という妙な区分になっています。記憶があいまいですが、これは昔から(というのは数年前から)ずっとそうだった気がします。

自動応答でいけるかな?と思っていましたが、電話したところ残念ながら音声通話でオペレーターから発行してもらうことになりました。

 

ソフトバンクの引き留め工作は?

本人確認の他、移行先とその理由を聞かれました。コストの関係でMVNOに、と答えたところ、引き留めはなく、同グループのLINEモバイルのキャンペーンを紹介されました。しかし、もっと有利なキャンペーンがあるということで、説明はしましたが、対抗提案はありませんでした。残念。

なお、かかった時間は最初のプッシュ操作3分、オペレーター待ち12分、発行作業のやりとりが5分程度だったと思います。平日14時-15時くらいだったので、空いている時間帯だとは思いますが、コロナを理由(言い訳)にオペレーターを削減しているのか、ちょっと待たせすぎという感じはしますね。自分は待つのが苦手なので、こういう契約手続きは負担に感じます。

 

そういえば、携帯会社のオペレーターは以前は100%若いお姉さんばかりでしたが、ここ1年くらいはオジサンが増えてきました。単純にオジサンがそういう業務につくようになっただけなのか、社会の「働かないオジサン」がそういうところに回されてきているのかはわかりませんが、変化は感じます。

 

OCNモバイルONEの申し込み

OCNモバイルONEについては前回書いたとおりなのですが、キャンペーンの対象になるものの中から機種やプランを自分で選ばなければなりません。自分は機種を0円のArrowsM05、契約は1G/月の1180円プランとしました。特にオプションの強要はないようです(機種によってはオプションつけると割引が効いたりするようです)

 

全てネットで完結ですが、2点だけ注意点があります。

・MNP予約番号は有効期限に12日以上の残があること

・本人確認書類(免許証)はスキャンではなく写真がよさそう

 

MNP予約番号の有効期限は発行時点で15日しかありませんので、すぐに申し込む必要があります。12日の残というのはなかなか厳しい感じです。

 

次に本人確認書類ですが、以前楽天ではスキャナで取り込んだ免許証を送ったところリジェクト(拒否)されたことがありました。スキャンしたもののほうが見やすくていいと思ったのですが、偽造の可能性などを考慮されたのでしょうか? 今回は普通にデスクに置いた免許証を写真で撮って送信したところ、問題なく受理されました。

 

そうそう、ネット上の真偽不明の噂では過去に1度でも解約をしたことのある者は二度とOCNと契約できない(契約を断られる)・・・というものがありました。

で、ちょっと気にしていたのですが無事に契約できました。自分はOCNひかりもOCNモバイルONEも契約、解約をしたことがあるので、その噂はあまり関係ないのでは・・・? って気がします。(ただし、いずれも1年前後は利用しているので、OCNと悪質な付き合いをした人はわからない)

 

OCNモバイルONEの移行スケジュール感

手続きはこんなスケジュール感で、こうした(審査の必要な)手続きにしてはさほど時間かからずに終わりました。

 

8月6日(木) MNP予約番号発行(有効期限8月20日)

8月6日(木) OCN申し込み完了(夜間) 

8月9日(日) OCNより荷物発送済の連絡

8月10日(月) OCNより荷物到着

 

荷物は佐川で、SIMと機種が一つの段ボールに入って届きました。

f:id:takupan2020:20200818195949j:plain

合理的な梱包ではある

到着してすぐに手続きをすれば、即使えるようになるようです。(LINEモバイルは手続き後、使えるようになるまで数時間かかると書いてあった)

とはいえ、自分がやろうとしたときはサイトそのものがこのようなエラー表示になってしまって何もできず、挫折しました。放っておけば開通処理はしてくれるようなので、そのようにします。

f:id:takupan2020:20200818195619j:plain

サイトがビジー

 

 

OCNモバイルONEの使い勝手

 まだほとんど使ってないのでなんともいえませんが、月1180円(+税)というコストについてはまぁ良いかなと思っています。今後、固定をOCNに変えて、他の番号についてもOCNに移行するかもしれません。(セット割りみたいなので200円/回線の割引が入る)

 

OCNモバイルONEのコスト

 

ゼニカネの話なので調べればわかるのですが、記録として残しておきます。端末は手持ちのものを使うので、そのまま譲渡してしまいました。

 

MNP予約番号発行手数料 3,300円
契約料 3,300円
SIMカード手配料 433円
端末代 0円

以上初期費用 7,033円

(さらに端末処分 -18,000円)

 差引初期費用 -10,967円

 

月額回線利用料 1,298円(1,180円×1.1)

 

ドンレミー(アウトレット)/クレープ四角皮

【メーカー】ドンレミー(アウトレット)
【品名】クレープ四角皮
【概略】656kcal/220g(10枚)/120円

 

入手経路

北千住にあるドンレミーアウトレットで購入。

 

パッケージと全体印象

普段スーパーで見かけるパックよりだいぶ縦に長い入れ物です。
無地ですが、ちゃんと諸元を記したシールも貼ってあります。

f:id:takupan2020:20200816194717j:plain

かなり縦に長いパック

中身は柔らかく四つ折りにされて入っていて、広げるとサイズは20cm×30cm程度。
狭いキッチンで何か作ろうと思うとかなり大きい印象です。

f:id:takupan2020:20200816194752j:plain

お、おっきいです・・・

特に作業スペースを設けずに、例えば皿の上で盛り付け作業をしようとか思うとサイズ的にかなりの難敵になります。

f:id:takupan2020:20200816194828j:plain

実測は縦30cm程度(多少サイズにムラはある)

f:id:takupan2020:20200816194906j:plain

上で適当に20cmとか書いてるけど、実測は20cmを大きく下回る感じ


なお、写真で切れ目が入ったりしてますが、これは自分の作業中にやってしまったもので、元はキレイな状態でした(サイズ自体には多少ムラがあったけど、折りたためば気にならない程度の違い)

 

食感

生地だけなので、中身は自分で用意する必要があります。
気温が上がってきたので、アイス系で攻めることにしました。


・アイス&チョコソース

家にあったバニラアイスにチョコソースをかけていただきました。
1枚目の上にチョコソースをかけ、2枚目の上にアイスを乗せ、そこにさらにチョコソースをかけ、さらにクレープ生地を乗せて丸めました。

うーん、これだけで十分美味い。
なかなか層の多いクレープ生地を贅沢に食べる機会というのはないため、食感も新鮮です。

f:id:takupan2020:20200816195240j:plain

おしゃれ感ゼロだが、気にしてはいけない(中身はハーゲンダッツバニラである)


・ソフトクリーム&チョコソース

見た目はアイスとほとんど変わりませんが、ふるさと納税か何かで届いた豊富町のソフトクリーム(紙のパック入り)があったので、それを利用。
アイスに比べてやや溶けやすいかな、という感じです。こうして包んで手で持って食べるのなら、溶けにくいアイスクリームのほうがいいかもしれません。
味も濃厚なアイスクリームに比べてやや薄めです。

f:id:takupan2020:20200816195026j:plain

ソフトはミルクがいい(完全主観)

f:id:takupan2020:20200816195203j:plain

豊富町のソフトクリームはシックなパッケージが良い(味は薄め)




・白スポンジ&ソフトクリーム&チョコソース

同時並行的に消化していた白スポンジが少々余ったので、それをトッピングしました。
クレープ生地とスポンジの食感は全然違うので、組み合わせたら面白いのではないかと思ったのですが、なんかイマイチ・・・
なんだろうこれ・・・クレープ(生地)のボリューム感のなさを補うために入れるのならアリかもしれませんが、今回のようにクレープ生地自体が十分過ぎるほどにある場合は、なくていいかも、と思います。
やっぱスポンジ生地はクリームと組み合わせるものなんだろうなぁ・・・

f:id:takupan2020:20200816195343j:plain

イマイチ合わなかった白スポンジの残

 

総評
★★★★☆(4/5)

保存料もバッチリ(?)入っていて、素材としては★5でもいいくらい。

クレープ生地は中身を何にするかはもちろん、どの位置に何をいれて、どのように生地の層をつくるかで食感が全然違ってきます。
口のサイズは限られていますので、一噛みで口の中に入れられる分量はおのずと決まってきます。
そうすると、例えば下手な作り方をして中身が偏れば、クレープ生地だけを食べる一噛みがあったり、中身だけがやたら多くて生地が口の中に入らない一噛みがあったり、クレープの層という食感を楽しめない一噛みもあったり。

・・・やったんですね。

はいそうです。

 

しかし、お手軽に作る体験ができて、このクレープ生地はとても楽しいですよ。

 

コスパと今後

サイズ大きめのクレープ生地(しかも角形で扱いやすい)が10枚入ってこの値段は非常に安いと思います。
クレープ生地自体は家でも作れるので、面倒じゃなければそれでいいかと思いますが・・・なんというかアレ、作るの面倒なんですよね。

自分が作って誰かが食べるのならいい。誰かが作ってくれたのを自分が食べるのもいい。でも自分で作って自分で食べるのはキツい。

薄いので丁寧に扱わないとすぐ切れるのですが、自分で作業をして、火を扱っているとそっちが優先になるので、出来上がった生地に神経いかなかったりするんですよね。
あと、広げて冷ます作業って、どこにそんな場所あるの?という・・・

というわけで、今度また行くことがあったら最優先で買いたい品物です。

ドンレミーのアウトレットに行ってみたよ

 

東京都足立区にある北千住駅から歩いて行ける距離に、ドンレミーのアウトレットがあるということで行ってきました。

お菓子のアウトレットというと工場直売が多く、工場と言えば「駅から遠くて車じゃないと行けない距離にある」ことが多いのですが、ここは駅から5分程度のマンションの1Fフロアが店舗になっています。

f:id:takupan2020:20200815174708j:plain

北千住駅はよくわからない構造だけど新宿とかよりはずっとマシ

具体的には、駅西口を出て、右側に見えるマルイの少し奥にある商店街の中にマンションがあります。

f:id:takupan2020:20200815174810j:plain

こういう感じのよくわからない細い道を入っていくと商店街っぽい道に出る

 

f:id:takupan2020:20200815174850j:plain

右折して、地元の商店街らしき道を見る(この日は天気が悪くて人がいない)

f:id:takupan2020:20200815174955j:plain

商店街をしばらく進むと、数メートル奥まったところにある(一応、看板もある)

f:id:takupan2020:20200815175030j:plain

洋菓子店っぽい感じの店構えですが、中はアウトレット




すでに緊急事態宣言は解除されており、入場は自由。
対応として、手の消毒だけはしてね、ということと入り口に見張りのおじいさんが立っていることくらい。

(おじいさんが何の役割なのかは不明。入店時に後ろから「行ってらっしゃい!」と声をかけられたけど・・・行ってらっしゃい!って、ここ、カテゴリー的にテーマパークの乗り物的な何かなの?)

f:id:takupan2020:20200815175111j:plain

コロナ対策中だけど、天気が悪くて客も少なく、実質、入場制限はなしだった

 


自分が行った日は日中から天気が悪く、到着時にはやや雨も降っていたこともあり、店内は10人も客がおらず、店員が2名ほど品出しをしていました。

店内にあったのは、こういう本当の「端っこ」から、中につめる「具」がなくなってしまって、カワだけ余った感じのやつまで。

f:id:takupan2020:20200815175219j:plain

右側のが買って帰った切りくず?スポンジ50円(粉っぽい)。

ちなみに左のは切り落としスポンジで、確か100円。

 

あとは通常品が少し値引きして売られていました。このへんは割引率が2割程度みたいなので、もしかすると、各自おうちの近所のスーパー等でセールの時に買った方が安いかもしれません。

f:id:takupan2020:20200815175411j:plain

ふつうの品も置いてます

f:id:takupan2020:20200815175439j:plain

アウトレットではない模様。安いのかどうかも不明。



アウトレットだからというわけではないのですが、当然保冷剤もビニール袋も有料です(保冷剤を買うとビニールはおまけで1枚付いてくる)

というわけで、特段欲しいものもなかったので、アウトレットらしい真の「切れ端」(切りクズ?)50円とクレープ生地120円、そのクレープ生地に何か入ってるっぽい220円をゲットして店を後にしました。


ドンレミーという会社の扱っている商品の性質上、アウトレットでもほとんどは保冷が必要なもので、店の展示スペースもほとんどを保冷ケースが占めています。

f:id:takupan2020:20200815175505j:plain

アウトレットらしさのある簡易パッケージの多い保冷ショーケース

f:id:takupan2020:20200815175546j:plain

近所のスーパーにあるのと同じパッケージのついた品も少し安めなのかも

f:id:takupan2020:20200815175658j:plain

このプリンは安い気がしたけど、どうだろうか?



遠くから気合いを入れて買いに行って「大量にゲットだぜ!」というのも、できなくはないのでしょうが、仮に保冷バッグで持ち帰ったからといってもそもそも日持ちもしませんからねぇ。

自分のようにわざわざ足を運ぶというより、近くの方が利用されることを想定しているのだろうと思いました。足立区であれば、それだけの客のボリュームはあるということなのでしょう。うらやましい限りです。

 

f:id:takupan2020:20200815175748j:plain

ぺいぺい使えます

ドンレミー(アウトレット)/白スポンジ(クラム)

f:id:takupan2020:20200814015358j:plain

断じてポチの餌ではない・・・はず


【メーカー】ドンレミー(アウトレット)
【品名】白スポンジ(クラム)
【概略】推定1,180kcal/420g/50円

 

入手経路

北千住(東京都足立区)にあるドンレミーアウトレットで購入。

 

パッケージと全体印象

いやー、パンくずと言っては語感が悪いですが、カットしたときに出た粉というか、生地のカット残を捨てないでビニール袋に詰めたものです。
常温展示になってしまっているため消費期限は当日中となっており、その点は店頭でも大きく明記してありました。

f:id:takupan2020:20200814015701j:plain

この値段とカロリーに驚きを禁じ得ない!

f:id:takupan2020:20200814015729j:plain

こんなの当日中にどうやって消費しろというのか!(いや、それなら買うなよ...)


中身はかなりムラがあって、表から見ると粉みたいな細かな生地ばかり目に付きますが、裏を見るとそれなりの(大きめの)サイズの生地も含まれています。
買うときは全面見てから選ぶといいんでしょうね(といっても、今回は店頭に2個しか在庫がなかったけど)

 

f:id:takupan2020:20200814015817j:plain

なかには、多少大きめの生地も・・・なくはない! ・・・ような気もする

 

 

食感

このまま食べてうまいのか・・・というのもあり、とりあえず2,3口パクパクと・・・

 

うっわ、パッサパサ!!(・。-;

 

そりゃそうだよねぇ。普通のケーキのスポンジだって、そのままスポンジだけ食べて美味しいっていう人はいないんだろうから・・・

というわけで、いくつか試してみることにしました。

 

 

・チョコソース(シロップ)がけ

写真のハーシーズのチョコソースがあったので、かけて食べてみました。

f:id:takupan2020:20200814015919j:plain

みんな大好きハーシーズチョコソース(原材料は見てはいけない)

 

・・・ん、んんんー、なんだろう。

 

味がついてだいぶよくなったとはいえ、パサパサ感はなくならないので口の中の水分はかなり持って行かれます。
うーん、いくら自分がチョコ好きとはいえ、ちょっとこれで食べ続けるのはキツい感じです。

 


・メープルシロップ&エスプレッソがけ

エスプレッソのみでは苦いので、家にあったメープルシロップとセットでかけてみました。

まずシロップをかけると・・・あー、かけたシロップのかなりの部分がスポンジに吸収されてしまいますな。写真を見ても何がかかっているのかよくわからないかも。

f:id:takupan2020:20200814020026j:plain

なんとなく、何かがかかっているだろうことはわかる


エスプレッソにしても同様。チョコソースはあんまり水っぽくないので上に残ったけど、シロップとエスプレッソは文字通りスポンジのような吸収力を持つ生地とは相性が良くないのかも・・・

 

正直なところ、これもイマイチっすな。チョコソースよりは少しは水分の持って行かれ方が減りますが、かわりに水分がしみこんだスポンジ・・・食感が・・・

 

エスプレッソは量が少なめ(40ml)のリストレットです。

 


・メープルシロップ&エスプレッソ&アルフォート&チョコソースがけ

やけっぱちになって、とりあえずその辺にある美味しそうなもの(?)を全部かけてみました。

f:id:takupan2020:20200814020102j:plain

やけっぱちコース

f:id:takupan2020:20200814020143j:plain

アルフォートの活躍で、ところどころメープルシロップが浸透せず玉のように残っている


粉末になったクッキー生地のおかげで、見た目は「きな粉をかけたあんみつ」か何かのように見えてしまった・・・


味の方は、うーん、だいぶマシになったけど、なんかアルフォートの存在感、つまりチョコの固さが目立つなぁ。
アルフォートは袋の上から叩き砕いてからトッピングしたのですが、クッキー生地の方が粉々になる一方、チョコレートのほうは大きめの破片として残ってしまい、なんだかおのおの勝手に風味があって、決して混ざらない、一体感のない食べ物になってしまった感じです。

 

 

・バニラアイス&メープルシロップ&チョコソース&エスプレッソがけ

ホイップクリームがないため、本命はこのバニラアイスです。
上記の通り試してきたところ、やっぱりスポンジと組み合わせるのに水っぽいのはダメだということがわかったので、半固形のアイスを追加します。

f:id:takupan2020:20200814020419j:plain

余が完全体である

まずスポンジの上にバニラアイスをカップ半分強、大きめのスプーンですくったものを乗せ、その上からメープル、チョコとかけたところに少々のエスプレッソを注ぎました。

見た目もそれっぽくなり、実際にいただきますと、何かスイーツとして一つの完成形を見た気がしますよ。(何の完成形かは不明)

唯一、やはりエスプレッソ自体は完全な液体であるため、アイスやチョコと混ざった部分はいいとしても、そこから流れ落ちた部分はほとんどがスポンジに吸収されてしまいました。
もしかするとアイスとチョコ程度に抑えておくのがよかったのかもしれません。

なお、エスプレッソはダルサオというブラジルの豆を使ったものです。

 

f:id:takupan2020:20200814020518j:plain

後日、残った最後のやつはこの完全体モードでいただきました。

イマイチと言いつつ、エスプレッソも好きなので仲間はずれにできなかった・・・

 

総評
★★★☆☆(3/5)

生地自体は、もともと安っぽいスーパーのスイーツに使われるスポンジ生地の切りカスであり、しかもいつ製造されたのかもよくわからないようなシロモノです。
(消費期限が当日とされているけど、その理由は製造が古いからか、上記のような保管上の問題(常温で展示販売している)かは不明です)

 

コスパと今後

こういう粉っぽく崩れてしまったやつでも、このように色々試して楽しめるので、圧倒的なコスパです。
コスパ言うたって、使ったアイスいくらしたんだよ?とかメープルシロップは?などと野暮なことを言ってはいけません。自分で材料を選べるというのが重要です。

実際、スポンジ生地は作るのにそれなりに時間かかるので、冷蔵庫にでも入れておいて食べたいときに出してきて、こうして組み立てて使えるというのは楽でいいです。
値段も安いし元からカタチ崩れしているので、神経使わずに適当に使えるし・・・

賞味期限の短さが惜しいところではありますが、次に行ったときもあったら是非とも買いたいところですね。(ちょっと量が多いので、胃袋の多い家だとなおいいのかな・・・)

ズボンのゴムを手抜きしながら交換する:続

 

手抜き万歳とばかりに、数日前に甚平のゴム交換を書きましたが、ふと寝るときにみたらもっと簡単な方法がありました。 

 

2020free.com

 

 

それは、これです。

 

どーん!!!

 

 

f:id:takupan2020:20200813233742j:plain

む、結んだだけー

 

 

これ、しばらく前に交換したパジャマのゴムなのですが、裁縫するのすら面倒くさくて通し終わったゴム同士を結わいて(縛って)終わりにしていました。

確かにこれならゴムとハサミだけあれば、作業が完結する・・・

 

結わいた部分が団子になるわけですが、着ていてそこが不快でなければこんなのでも全然OKではないかと思っています。

 

f:id:takupan2020:20200813233822j:plain

本当に結んだだけっぽい(どうやったのか覚えていない)

(ただし、結ぶ部分でそこそこ長さが必要なので、針と糸で連結するときよりゴムを長めにカットする必要があります)

 

f:id:takupan2020:20200813233912j:plain

なんだか結び方も超テキトー

そう考えると、手抜きといいつつもまだ甚平のときは気合いが入っていたんですな

(ゴムがベロベロになっていても、着るかどうかわからないという理由で直したりせず、次に着るときになってようやく修理に着手する、という管理の方法そのものが手抜きの極みであって、とても威張れるレベルではないですが)

アンディコ/北海道メロンワッフル

f:id:takupan2020:20200812233649j:plain

メロンは確かに美味しそう



【メーカー】アンディコ
【品名】北海道メロンワッフル
【概略】152kcal/60g/100円

 

入手経路

近所のスーパーで普通に購入。
シーズンものなのか、売り場にはメロン系のスイーツが色々ありました。
こんなにあるのでは一つくらい・・・とは思ったのですが、よく考えたらメロンは特に好きなわけでないので、他の(プリンやエクレア)とかぶらないようにと軽そうなワッフルを選択しました。

 

パッケージと全体印象

中身は見えているのですが、メロンのイメージ写真が大きく・・・ちょっとうさんくさいぞw
まぁ季節ものだし、このメロンがウリなのでしょうがない。

中を開けてみると、、、まず封を切った段階でメロンの強い香りが漂います。香料強いなぁ~
そして現物ですが、やはり結構ちんまりしています。小腹が空いたときにはいいのかもしれないけど、ガッツリいくにはサイズが不足しているかもしれません。

 

f:id:takupan2020:20200812234103j:plain

2個入りで100円だからしょうがないが、小さいのは覚悟しておくべき

f:id:takupan2020:20200812234251j:plain

やはりそこそこ多い原材料

しかし、この表記だと

メロンペーストに含まれるメロンは100%北海道産

なんでしょうかね。

 

 

食感

ちんまりしているな~と思ったものの、実際に口に入れてみると思ったより「ずっしり」していてイイです。

f:id:takupan2020:20200812235715j:plain

大きくはないし、スイーツというより「そのへんに転がってるお菓子」という感じ



食前のイメージでは、もっと生地がパッサパサで、クリームがベタベタなチープなお菓子かと思っていたら、意外にも生地はしっとりしていて、割にベチョッとしておらず存在感がある。
そしてクリームが思ったよりしっかりしていて、ボリューミーでした。

改めて断面を見ると、確かにきっちり詰まっていて空洞がほとんどないんですよね。
重量はそんなにないのですが、食べていてもスカスカ感はありません。

 

f:id:takupan2020:20200812235408j:plain

いつもと違って断面がデコボコしているのは手でモギったため

 

総評
★★★☆☆(3/5)

3と4の間で迷いましたが、純粋な味だけでいえば平均レベルなのかな~? ということで3となりました。
失礼ながら、アンディコもこんなの作れたんだー、という感じの驚きはありました。

 

コスパと今後

2個しか入っていないので全体としてボリューム感はないのですが、なにぶん値段も値段なのでコスパは結構いいんじゃないかと思います。
メロン味が好きな人(「メロン」が好きな人、ではない)には一度食していただいてもいいかなと思えるくらいのデキです。

自分としては次もアリだなと思っています。